5年目の破綻 「フィンランドヘルシンキのCs137高濃度検出事件の顛末」

5年にもなるともう見るべきブログもなくなり、いよいよ最後の二つの「みんな楽しく」も更新が止まり、もう一つのお楽しみのイエローライオンのブログには度肝を抜かされた

どこにも情報が流れていないさ中に突如「フィンランドヘルシンキで高濃度検出、スウェーデンの原発漏れか」というブログ記事だったが、唖然とした

即座にピンと来た、例の海外の臨界皇帝のブログからではないかとwww

グラフを引っ張って来ていろいろ考察している努力は買うが、日本の臨界帝王と同じく、根底からずれているので情けないwww


しようがないので例のEUのデータのシーベルトは以前したが、ベクレルはしていなかったので初めていじってみた


EURDEP
引用

ガンマー線モニタリングポスト
EUP5.jpg

ちなみに色の濃いところかなと思ったら、リトアニアか何かの再稼働原発の工事中で国内で推進反対おお揉めの話が出ていたので、機器調整のスパイクか何かで高くなったのだろうと判断した

微量ではMPに出るのは難しいので大気浮遊塵ダスト濃度の測定値


EUP4.jpg



ここは知ってはいたが手が回らないのでほっといたが、今日初めてやったら簡単に出た


大判
EUP.jpg



縮小版
EUP2.jpg


すごいな、便利だ、見たらすぐにわかるが、確かに普段はセシウム137で2マイクロベクレル/m3の検出限界だったが、突然4000マイクロ=4ミリベクレル/m3となっている

その後10分の1ずつ下がってまた平常値に戻っている


ここで福島事故の教訓、「原発は中性子長照射でセシウム134も同量出来る(炉によるが)」

で見ると、セシウム134は普段と変わっていない


原発漏れならセシウムよりもキセノンクリプトンヨウ素のガス状が一番に警戒なのだから、当然先にヨウ素を見るべきなのだが、

あたまがおかしいwwwwwwwwwwwwwwwwww



で、ヨウ素とテルル

EUP3.jpg


検出限界2マイクロで普段と同じ

この2マイクロというのがすごい、今のフクシマではなかなかお目にかかれなかった、最近は減ったのでだいぶ近づいたが

ということで、当然に事故漏れは考えられず、「チェルノブイリの落とし子」の土壌からの舞い上がりの土砂煙の微粒子が原因だろうと誰もが思うはずだが


医療用とか言う話もあるが、密封線源だからありえないだろう


臨界皇帝も原因がわかったようで、ドイツのニュースをリンクしていた

以前あまりにもおちょくったのでHPからブロックされたのかと思っていたが、今日は見れたので、楽しくもありうれしかったwww

ついでに彼はBe-7を持ち出して来ているのでそれはおかしい、自然界変動と人工核種のつながりはないので無意味なのだが、必死にやっているのが哀れだ

また検出限界範囲内での上がり下がりの変動に右往左往するのがまた嘆かわしい

スパイクにばかりに注目して、以前から紹介した新潟県の突発的なMPの上昇調査のアイソトープ治療などの考慮がないのも困る


話半分でいいと思う



IPドイツGmbH社によって市販されている | ニュースManufaktur社


火曜日2016年3月8日 「非常に高い」 放射能汚染に関するフィンランドのパズル ヘルシンキでは、恐怖が広がっています。放射性同位体の「非常に高い」負担が検出されました。専門家が原因の上にパズル。疑わ:セシウムは、ロシア、エストニアの原子力発電所から来ることができました。


水曜日2016年3月9日 想像よりもはるかに近いソース ヘルシンキは、放射線照射にパズルを解きます フィンランドのアラーム:ヘルシンキでは空気中の放射性同位体の「非常に高い」負担を見つけます。専門家が原因のために無我夢中で探しています。ソースはすでにロシアで疑われたら、彼らは自分のセラーでそれを見つけるでしょう。


へんてこな翻訳だが、結局は、

「核レギュレータよりも、より自然である可能性があります」


まあチェルノブイリ高濃度汚染の土煙がろ紙フィルターに引っ付いたのだろう

相当な下限値だから見つかったのだろう


「なにはなくてもまずヨウ素」が福島事故の教訓のはずだが、木下黄太はもう5年で忘れたのだろう

話半分で聞いておいた方がいいwww


人には「ちょっと調べたらわかるはずだ」などと豪語しながら、ソースを調べずに噂話ばかりになっている


今日は溜まってきたベビー食品と福島の食品のスペクトル測定値を記事にするはずだったが、ヨーロッパのダスト濃度の測定値とグラフが簡単に出るのに驚いてヘルシンキの解析にした


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

木下黄太は今や、あそこで白血病がとか急死したとかばかり。そんなもんは3.11前から幾らでも有る話だろうに、、。(但し、福島浜・中通りや茨城栃木の北部は別だと思う。空間線量が高いという事は、そのまま被ばくするという事。だからゴミ売り新聞茨城版にも30~40代の死亡通知が毎日のように載っている。)
そういえば観光バス事故も絡めてたなァ(笑)
観光バスの運転手が放射能で死ぬんだったら、日本中何千倍も走ってるトラックはそこら中で事故だらけ。広島のトンネル追突事故は毎日なけりゃいけない、、。あれは何所までも過労と人を40人も乗せて走るという事からのストレス。砂利と人では違いすぎるわ、、。
確かにフクイチで疾病や病死は増えるさ。増えなきゃ、それこそ不思議。でもそれが放射能の為と確定するのは、本当に難しい、、。そこが放射能というモノの難しいところ。第五福竜丸だって急性死亡は一人だけ。残りの方でも40代から80代まで存命した方まで、色んな方々が居らっしゃるし、病気の種類も千差万別。
だから彼の話は最早半分終わってる。そりゃあ関東(特に東京)だって汚染はしてるさ。私は埼玉在住だが、私も絶対に被ばくしている。私の地域でさへ4000ベクレル近くにまで達し、一時吹き溜りでは2マイクロシーベルトにも達したんだからな。しかしそれと全員に「逃げろ逃げろ」はリンクしない。妊娠可能性のある女性と子供を放射能から守るのは当然だが、その為にシールズや関東反原発連合を批判するのはお門違いだし、彼らが安倍に反対してくれてるからこそ、彼も存在出来てる事に気が付いてない東大卒業生だという事(笑)
そういえば、どうも彼は共産党嫌いみたいだな。まぁ、昔共産党は「資本主義の核は汚い。社会主義のは綺麗」なんてトンデモ論理張ってたから、仕方ない部分は有るけどね(笑)しかし今は違う、と何故思わないのだろう?そこを変換しないから、共産党支持者のジジイ(俺もジジイだが)に罵詈雑言吹っ掛けられ、福岡辺りでは九電の核発電容認派に懇談会打っ壊される羽目に陥るんだわ(笑)
 貴殿のように事実を淡々と解説してくれる方が余程信用できますね(笑)
 小出氏が言ったように「世界は変わってしまった」んですよ。これからはフクイチの放射能とず~っと付き合っていかなければならない国に成っちまったんですわ、、(悲)(怒)

おっしゃる通りです

おっしゃるとおりです

「木下黄太論」だけでも一冊の本が出来そうですがwww彼は中央大学法学部出身
だからすぐにくだらんネット上で「訴える、許しません」などとおよそ世間常識とかけ離れたことを言い出す
マスコミの特権階級だったからでしょう

あおり過ぎと思われるほどの危機感の警告でさっそうと登場でしたが、3.11事故直後からの「放射能???」の時期で情報もなく右往左往の国民でしたから許される行為で「もっとやってくれ」状態でしたが、さすがに時と共に事実が浮上して来たらだんだんと人々も現実を知ってきましたので正確さが求められる状況が進みましたが、
東京の土壌測定も最初だけで以後の継続も無く、甲状腺ガン激増の真実はなにかも触れることなく、ただただ2chレベルの噂話になってしまい、今やお笑い軍団と化してしまったのが、寂しい限りですwww


ヨウ素の影響は見えてきましたが、セシウムの影響が今後出てくるのかの注目ですが、まだまだ監視が必要な汚染地です

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター