「防護服の男」その後 3月29日、菅野(かんの)みずえ(63)は甲状腺がんの手術を受ける

2016-03-27
原発事故から一夜明けた2011年3月12日、「なんでこんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ」
引用
11年3月12日夕、菅野みずえは自宅に駆け戻り、防護服の男たちの話を避難者に伝えた。議論が始まった。
 「本当に危険なら町や警察から連絡があるはずだ。様子をみよう」。やっと落ち着いたばかりで、みんな動きたくなかった。

 しかし深夜、事態が急変する



2016年3月28日
(プロメテウスの罠)6回目の春:8 「防護服の男」その後
引用 朝日デジタル 2016年3月28日05時00分

 3月29日、菅野(かんの)みずえ(63)は甲状腺がんの手術を受ける。

 今年2月、何げなく検査を受けたら、甲状腺がんが見つかった。専門病院で調べると、大きさ1・6センチになっていた。すぐに手術をしなければいけないという。

 尋ねる前に、医師から「原発事故とは関係ありません」…



-----------------------------

「あなたはがんですよ 原発の影響はありません」
311甲状腺がん家族の会


泣く

免疫強化しかない

ナチュラルキラー細胞の強化対策を!!!




タイミングがよすぎる まさかこんな展開になるとは  おどろきを超えている


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

すっかり春らしくなりました。

kokikokiyaさん、おはようございます。
情報発信を続けて下さって、ありがとうございます。

プロメテウスの罠の連載もとうとう終わりましたね。
被曝と甲状腺がんの関係はあるとは言えないけれど、
ないとも言えないはず。
それを医師の方から先にないと断言するのは、
本当におかしな話です。

何かあるなーと勘ぐってしまいます。
40歳以上は被曝で甲状腺がんにならないなんて、
大嘘です。
年を取ってても気をつけなくてはいけません。

Re: すっかり春らしくなりました。

MORRIさん、こんにちは

3.11翌年に買ったさくら980円 もうダメかなと思っていたら、
3輪咲きました 元が一つで3っつのつぼみが一輪ずつ咲く
ズバリ、今日は大分の開花宣言でした

プロメテウスの罠も「逃げてくれ」から始まり
甲状腺ガンで終わるところが何とも言えないじわりの恐怖を与えています

15ペタベクレルの3/12の1号機爆発前後の放出量の津島避難者たち

馬場町長も「人殺し」と怒りまくっていましたが、避けずに対処しかありません


放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター