きっと来るはほんとだった 「福島県内で発生する下水汚泥ケーキの受け入れ開始について 太平洋セメント」

流域下水道終末処理場における下水汚泥等の放射性物質濃度
引用
ヨウ化ナトリウムカプセル2

配管

20160229汚泥


セメント製品の放射能測定結果について

福島県内で発生する下水汚泥ケーキの受け入れ開始について
引用

2016 年 4 月 1 日

各位

太平洋セメント株式会社

福島県内で発生する下水汚泥ケーキの受け入れ開始について

当社では、2011 年の東日本大震災における福島第一原子力発電所の事故の影響を受け、
下水汚泥ケーキ(以下、下水汚泥という。)の受け入れを一時中止しましたが、2011 年 6
月以降、製造するセメントの放射能濃度がクリアランスレベルを確実に下回るものについ
ては順次受け入れを行ってまいりました。

このたび、福島県内で日々発生する下水汚泥につきまして、他県で発生するものと同様、
放射能濃度が低く安定し、セメント製品の放射能濃度がクリアランスレベルを下回ること
が確実なため、当社大船渡工場(岩手県大船渡市)において下水汚泥の受け入れを開始い
たします。

なお、当社が製造するセメント製品の放射能測定結果につきましては、当社ホームペー
ジにて公開しております。

今後も当社は被災地域の復旧・復興に最大限協力してまいりますとともに、製品の安全
に万全を期してまいります。


以上

---------------------------------------------------------------------




----------------------------------------------------------------------

いやあ、参った、見事に来た

セシウム濃度が確かに減っているが、逆にヨウ素濃度が高い

減衰しているだろうか、あなたの手元足元に来るまで


必殺のクリアランスレベル とは




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター