家屋の罹災証明書のみで再建してもいいのか?その下の宅地問題は?












熊本地震での液状化現象 1.8平方キロにわたる
引用 5月11日 17時43分NHK
熊本地震で、砂や地下水が噴き出すなどの「液状化現象」が熊本県内で少なくとも1.8平方キロメートル、東京ドームおよそ40個分の広さにわたって発生したとする試算を、地盤工学会の調査チームがまとめました。

試算を行ったのは福岡大学工学部の村上哲教授がリーダーを務める地盤工学会の調査チームです。調査チームは先月22日からおよそ2週間、熊本市と嘉島町、それに益城町などで、現地調査を行ったり航空写真を分析したりしてきました。

その結果、砂や地下水が噴き出すなどの「液状化現象」が少なくともおよそ1.8平方キロメートル、東京ドームおよそ40個分の広さで発生したと試算しました。特に、熊本市などを流れる「白川」や「加勢川」などの河川の周辺や、これらの川で囲まれた地域で多く発生し、建物が傾いたり周辺の土地が沈んだりしているほか、農地の排水パイプや用水路が破損するなどの被害も出ているということです。

液状化現象が一定の規模で発生したことについて、村上教授は、熊本は川が多く地下水が豊富だという要因に加え、短期間に大きな地震が複数回起きたことが影響したとしています。

村上教授は、「液状化によって、大量の砂が噴き上がった地域では、地盤の中に空洞があるおそれもあるので、今後、陥没などにも十分な注意が必要だ」と呼びかけています。






活断層液状化の宅地に自宅は再建できるのか???

堅い岩盤層に基礎が届くのか? そもそも固い地層があるのか?


放射能汚染と同じ、立ち去るか 再建か 決断の時だ! それから罹災証明だろう


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター