東北大学「ウシ血漿成分の酸化ストレスマーカーを含む8つの検査値が血液採取時の内部被ばく線量率と高い相関を示すことを発見しました」

東北大学プレスリリース 2016年5月16日 15:00

福島原発事故に被災した旧警戒区域内のウシ血漿成分の分析結果
引用
 東北大学加齢医学研究所 福本学教授らの研究グループは、旧警戒区域内の離れウシから採血し、血漿成分の生化学解析を行うことで、酸化ストレスマーカーを含む8つの検査値が血液採取時の内部被ばく線量率と高い相関を示すことを発見しました。

福島原発事故後の周辺生物への影響を報告する結果として重要なだけでなく、1日に100μGy以下の低線量率の長期被ばくが、軽度ではあるものの、ストレスとなっていることを示唆する結果として、低線量放射線影響の重要な基礎データとなることが期待されます。

 本研究成果は、2016年5月9日に米国の学術誌PLOS ONEに掲載されました




福島原発事故に被災した旧警戒区域内のウシ血漿成分の分析結果 ‐被ばく線量率と相関を示す血漿成分‐
引用

注目すべきは、MDA、SOD、GPx は酸化ストレスマーカーとして知られています。

病院に勤務する放射線従事者で、極低線量の放射線被ばくによってこれらのマーカーが変化したという報告があります。

旧警戒区域に残されたウシでは、大きく健康状態に変化を与えていないものの、持続した微量放射線に起因するストレス状態である可能性が考えられます



Analysis of Plasma Protein Concentrations and Enzyme Activities in Cattle within the Ex-Evacuation Zone of the Fukushima Daiichi Nuclear Plant Accident


-----------------------------------------------------

熊本地震解析に勤しんでいるさなかに、メールで教えて頂いた ありがとう

内部被曝で酸化ストレスマーカーが変化しているという証明だ






いい人buveryさんの言うとおりだった



詳しい解析は後日にするが、5/16 15:00のプレスリリースなのに、全くニュースが流れてこなかった

NHKを筆頭にマスゴミを調べたが、ニュースになっていない

隠蔽というよりも、風化というよりも、痴呆だと思う







東北大学のウシの歯のストロンチウムというのもあった





去年にすでにニュースになっていたが、より詳しく今回論文になったのだろう





静かに証明されていく


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター