甲状腺ガン「あなたはガンですよ 心のケアはありません」 福島汚染「そこはセシウム汚染ですよ 集団移住はありません」

甲状腺ガン「あなたはガンですよ 心のケアはありません」

熊本被災地の小中学生3222人、心のケア必要 益城町の小学生は26%、割合最多
引用 西日本新聞 5月29日(日)14時52分配信

 熊本地震に伴う子どもの影響調査で、熊本県内の小中学生のうち少なくとも3222人にカウンセリングが必要と認められたことが、西日本新聞のまとめで分かった。人数を把握する13市町村の全小中学生の3・8%に当たり、震度7を2度観測した益城町は小学生の26%に上った。「眠れない」「イライラする」などの症状が目立ち、専門家は「前例のない震災に子どもが不安になるのは当然の反応だ」と指摘する。子どもに対する心のケアが喫緊の課題となっている。

「急に泣いたり怒ったりする」子供6万人調査へ 異変の相談相次ぐ 熊本市

 地震被害が大きかった熊本市や南阿蘇村など15市町村を取材した。各教育委員会の調査によると、最も多かったのは熊本市で2143人(全体の3・5%)。益城町632人(同20・5%)、御船町134人(同10・2%)、南阿蘇村106人(同13・2%)と続いた。大津町と西原村は「把握していない」としている。

最も割合が高いのは益城町の小学生
 小中学生別で最も割合が高いのは益城町の小学生で2125人のうち552人。同町では中学生も964人中80人と、他の市町村より割合が高かった。

 具体的には「夜眠れない」「食欲がない」「イライラする」が多かった。「天井が落ちてくるのではという不安が常にある」「自宅に入りたがらない」といった声も聞かれた。

 このため、熊本市教委は全国から派遣を受けた臨床心理士を全ての中学校区にスクールカウンセラー(SC)として配置。熊本県教委も益城町や南阿蘇村などにSCを追加派遣する。

 益城町教委は「地震前はSCに相談する子はほとんどいなかった。無理にカウンセリングを進めることはできず、時間をかけて取り組むしかない」と話す。

 東日本大震災などで子どもの心のケアに関わってきた兵庫教育大の冨永良喜教授(臨床心理学)は「余震も続く中、子どもたちはさまざまな反応を見せながら心を整理しようとしていると捉えてほしい。スポーツなどストレスをコントロールする方法を周りの大人が示していくことも大切だ」と話している。

=2016/05/29付 西日本新聞朝刊=

-----------------------------------------------------------------------------------

福島汚染「そこはセシウム汚染ですよ 集団移住はありません」

西原村、集団移転を提案へ 熊本地震初、150世帯に
引用 朝日新聞デジタル 5月30日(月)7時31分配信

 熊本地震の本震で震度7に襲われた熊本県西原村が、被害の大きい7地区に集団移転を提案する方針を固めた。付近に活断層が通っていることなどから、将来的に住むのが難しいと判断したためで、6月1日に住民説明会を開く。その後、地区ごとの住民の意向を確認し、同意が得られれば移転候補地の選定に入る。

【写真】集団移転実施までの流れ

 熊本地震で、集団移転について検討しているのが明らかになったのは初めて。

 村によると、対象は大切畑や古閑、布田、風当などの計約150世帯。大部分が山の斜面やふもとに家屋が立っていて、全壊か大規模半壊した家が多く、高齢化も進んでいる。各地区は活断層付近にあり、再び地震が起きればさらに家屋が倒壊する危険性がある。複数の地区に山すそがかかる大峯(おみね)(標高409メートル)の山肌の一部に亀裂が入り、土砂崩れの恐れもあるため、村は将来的に住むには危険と判断した。

朝日新聞社

--------------------------------------------------------------------------------------

子どもに対する心のケアが喫緊の課題となっている

集団移転を提案する方針を固めた



福島と熊本との対応の違いが はっきりと出てきた


見捨てられた甲状腺ガン 置き去りにされた人々



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター