<原発事故>ネズミの精子 影響見られず 福島のネズミは中央値で1キログラム当たり2000ベクレルのセシウム137

<原発事故>ネズミの精子 影響見られず
引用 河北新報 6月3日(金)13時0分配信

 国立環境研究所は2日、東京電力福島第1原発事故の避難区域に生息する雄の野ネズミが、福島県外の野ネズミと同様の生殖機能を保っているとする調査結果を公表した。精子の奇形発生率などに差異はなく、研究所は被ばくによる生息数の減少などは考えにくいとしている。

 調査は北里大、富山大と共同で実施。2013年と14年の7~9月、第1原発から約30キロ地点の避難区域2カ所と青森、富山両県で、繁殖期のアカネズミ計約100匹を捕獲し、解剖などの調査を行った。

 福島のネズミは中央値で1キログラム当たり2000ベクレルのセシウム137を検出したものの、不検出だった青森、富山のネズミと比べ、生殖細胞の細胞死頻度、形態異常の精子出現頻度に違いはなかった。

 研究所の大沼学主任研究員は「福島のネズミは比較的高いレベルで内部被ばくしていたが、雄の繁殖能力に低下はみられなかった」と話す。今後は福島のネズミのDNAへの影響も調べる。


------------------------------------------------------------

世界一の研究者は、フクシマをどう見ているか
野村大成・大阪大学名誉教授に放射能の危険性をインタビューⅡ
放射線の次世代への影響が心配
引用
小若 放射線を浴びるとマウスにガンが発生することはわかっていましたが、 そのガンが世代を超えて起きることを、先生は1970年代に実証されました。 誰も真似できず、先生の業績を超えた研究者はいませんが、最近、ほとんど寝ないで研究されたことを知りました。 この分野で歴史的にも世界一と評価されている研究業績の中から、福島の原発事故に大きく関係する部分を教えてください。

野村  放射線を一度浴びただけで、マウスの親だけでなく、 子や孫にも、肺ガン、肝臓ガン、白血病等が発生しました。
遺伝学者は、生まれてすぐわかる先天的な形態、機能の違いを調べますが、私は外科医でしたから、突然変異ではなく、ガン、形態異常、生活習慣病等すべての疾病を調べたわけです。 生まれたマウスに、もう一度、放射線や化学物質を浴びせると、さまざまな影響が数倍になりました。
私が実験したのは瞬間の外部被曝ですが、これを人間に当てはめると、一度、少量の放射線を浴びた後、 さらに放射性物質や発ガン物質を含む食べ物も食べると、ガンにかかりやすいということになります。「複合被曝」ですね。
 汚染物を食べると内部被曝になり、様相は一変して、大きな影響が出る可能性が高くなります。
ところが、内部被曝の調査研究はほとんどないので、チェルノブイリで住民への影響を調べることが大切です。



私は、放射線の分野で、次の世代の問題を研究してきましたが、一般の市民社会も、子孫までをも守る方法を考えておかなければなりません。
 まだ生まれていない子孫は、自らを護ることができないのですから。
それが、「安全の哲学」です。



以下略

----------------------------------------------

メスの卵子の影響も調べるべきだろう

次世代影響がほんとになかったのか?線量との関係は?


論文を詳しく分析するしかない

問題なければ安心材料だが、ガンがあったのかどうかはこのニュースではわからない






おお、おおたかの精子は




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター