「炉心溶融」を使わなくなった指示の流れ

「炉心溶融、使うな」東電社長が指示
引用 毎日新聞2016年6月16日 20時32分(最終更新 6月16日 23時42分)

炉心溶融を

第三者委が報告書
 東京電力福島第1原発事故で、核燃料が溶け落ちる「炉心溶融(メルトダウン)」の公表が遅れた問題で、東電の第三者検証委員会(委員長・田中康久弁護士)は16日、清水正孝社長(当時)が「炉心溶融」の言葉を使わないよう指示したとする報告書をまとめ、東電に提出した。指示は電話などで広く社内で共有していたと認定。首相官邸の関与については「炉心溶融に慎重な対応をするように要請を受けたと(清水氏が)理解していたと推定される」と指摘した。

 報告書によると、清水氏は事故発生から3日後の2011年3月14日午後8時40分ごろ、記者会見していた武藤栄副社長(当時)に対し、社員を経由して「炉心溶融」などと記載された手書きのメモを渡し、「官邸からの指示により、これとこの言葉は使わないように」と耳打ちした。当時、炉心溶融したかが焦点となっており、会見でも繰り返し質問が出ていた。

 清水氏らは会見前の13日午後2時ごろ、官邸で菅直人首相、枝野幸男官房長官(ともに当時)らと会談。清水氏がその後、報道発表については事前に官邸の了解を得るように幹部に指示していた経緯があったため、第三者委は官邸の関与を調べた。

 しかし、清水氏の記憶はあいまいで、第三者委は当時の官邸にいた政治家には聞き取りを実施しておらず、「官邸の誰から具体的にどんな指示、要請を受けたかを解明するに至らなかった」としている。

 東電は事故発生後、「炉心溶融」を判定する基準がないとして、原子炉の状態を「炉心損傷」などと言い換えていた。しかし今年2月、炉心溶融について「損傷割合が5%超」と定義する社内マニュアルがあったと発表。これに従えば事故3日後には炉心溶融と判定ができたが、認めたのは2カ月以上後だった。

 マニュアルの存在を5年間、見逃していたことについて、報告書は「秘匿する理由はない」とし、意図的な隠蔽(いんぺい)はないと結論付けた。東電は今年3月に弁護士3人による第三者委を設置し、経緯や原因を調査。事故対応に関わった社員約60人からヒアリングした。【柳楽未来、酒造唯】


福島第一原子力発電所事故に係る通報・報告に関する第三者検証委員会からの「検証結果報告書」の受領について



枝野官房長官
「官邸も知らないことを勝手に公表することはゆるさん」と言う発言で皆が恐れをなし、これは官邸責任にしようといいように東電に利用された



NEWS23 「官邸からこれとこの言葉は絶対に使うな」 さて何だったでしょうか?正解は?

これとこの言葉

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

枝野さんが、この件に関して、ゲキオコしているそうです。
当時の新聞にも、官房長官が炉心溶融の可能性に言及しているものが有るそうです。
東電の言い逃れ・嘘つき体質には、あきれるばかりです。
いつも誤魔化し嘘つく東電君が、親分の選挙対策に、また嘘を吐いたと言う解説が有りました。
有りそうな話です。

Re: No title

結論 隠蔽は民主党政権

結論 東電は犯罪者

http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-2898.html

No title

Kokikokiyaさま、結論早くないですか?
当時、保安院は経産省に属していた。
経産省は、皆さん知っていると思うけれど、原発推進団体。
原発のヤバイ事を隠したいのは、民主党より経産省の方がずっと強い。
今は官僚の上層部の人事権を官邸が握っているけれど、当時はそうでなかったし。
経産省の次官とかそこに近い人たちの動きをも、検証しないと・・・。
ネッ。

Re: No title

* 引用開始
同日14 時頃の保安院プレス発表(第14 報)において、中村審議官は、同日9 時45 分頃のプレス発表(第12 報)の説明よりも更に踏み込んで、「炉心溶融の可能性がある。炉心溶融がほぼ進んでいるのではないだろうかと。」と説明した。同日14 時頃の保安院プレス発表(第14 報)後、寺坂保安院長は、官邸において保安院の炉心についてのプレス発表に対する懸念やプレス発表前の官邸への情報提供を求める声があったとの情報を受け、保安院のプレス担当者に対し、プレス発表の際は事前に官邸の了解を得るよう指示した。そのため、保安院は、それ以前は1~2 時間置きに定期的にプレス発表を行っていたが、その後のプレス発表の間隔は広がることとなった。また、寺坂保安院長は、官邸における保安院のプレス発表に対する懸念を受け、他の審議官を介して中村審議官に対し、プレス発表における発言に注意するよう指示した。
* 引用終了
http://onodekita.sblo.jp/article/175752433.html


事前連絡して原発調査の推進派に大甘の保安院ですが、事故となると自分たちの身に火の粉が降りかかるので、そこは事実を記者会見だったが、
イラ菅がどやしつけるのでまわりの空気をおもんぱかったネズミ男そっくりの官僚のかがみ寺坂院長が、あまり本当のことは言わない方がいい、民主党幹部にまかせようといかにもの日本人的行動を取ったのでした

それは東電にも他にもすぐさま伝播して東電勝俣 清水に利用された

確かに参院選前に出してきて「民進党つぶし」は当然ですが、政治家の癖にまんまとわなに嵌る枝野もやはり焼きブタ並です
子供じみた反論ももう3.11以来聞き飽きております

事実はどうだったかは、具体的に「炉心溶融とは言うな」などは言っていないでしょうが、空気をかもしだした、まさに言論統制、大本営化でこの国難を乗り切ろうとみえたのは当たり前です

多くの心ある人が、びびって静かになった、気象研究者にも気象庁が「いろいろ勝手を言うな」と口封じ

流れを作ったのは枝野です、その反省はまったく、無い





ところで寺坂院長というところで、院長の独り言につながっているのも3.11の悪魔のなせる業でしょう
さすがは、絶妙w

Re: Re: No title

気象庁ではなく、気象研究会かなにかの学会でしたね
熊本地震の見すぎでつい気象庁と書いてしまった

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター