核燃デブリを取り出して県外のどこへもっていくというのですか?どこにもありません

廃炉作業で石棺方式に余地 支援機構が計画書
引用 毎日 2016年7月14日

今回の計画書は、回収が困難な場合は石棺方式が選択肢の一つになるとの見解を初めて示したものだが、地元などから反対論が出る可能性は高い。



原子力損害賠償・廃炉等支援機構
平成28年7月14日:技術戦略プラン2016 における「通称“石棺方式”」に関する報道について 平成28年7月13日:東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所の廃炉のための技術戦略プラン2016の公開について



なぜ今、唐突に 「石棺化」言及導入の布石か
引用 福島民報 7月15日

県は「石棺化は容認できない」と強く反発 県外処分を改めて要望

---------------------------

核燃デブリを取り出して県外のどこへもっていくというのですか?どこにもありません
私はできる方法を言います 早寝早起きご飯はよく噛んで
フクイチの側に置いたまま永久管理



いま再稼働がまた始まり金をもらって地元は潤い、爆発したら県外へ汚れは持っていけとは、なんという我儘なんだ
責任は取れ



今後は再稼働に賛成の地元には「万一の場合、核燃デブリは地元で永久管理します」という誓約書を住民全員から印鑑証明付きで規制庁へ提出のこと
という条項を入れておくべきだろう



利益はぶんどり、リスクは県外へとはなんという強欲なのだ

天罰が降り注ぐだろう




強欲が多すぎる、もっと謙虚であれ!!!




自分も含めてだが

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター