「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と書かれているから自衛隊は憲法違反 当然だろう

日本国憲法
引用
   第二章 戦争の放棄

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

------------------

義務教育卒の人にも理解できるようにわかりやすく書かれた日本国憲法

読んだら、陸海空の自衛隊防衛省は違憲だから、いけんぐらいはわかるだろう

ここをあいまいにしている連中は、原理原則を守らないいい加減な細川小泉鳥越並みの反省しない連中と同じだろう

相模原事件のように、犯人がどうあれ弱者の身を守るべき意欲と実力のある人は必要だろう だから自営軍ぐらいは必須と思っている国民が大半で、暇なときは災害救助もしてもらうというのが、大方の国民の合意だ

だから憲法改正に賛成が増えているのがわからん反原発反被曝の人も多い今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


自衛隊がちゅうぶらりんで憲法違反は可哀想だから、「ただし、自営軍は保持する」の一筆を入れようというのが憲法改正だが、あべが調子に乗ってこの際いろいろ変えようとするのがけしからんというのが、現状認識だろう


最終的には国民投票となって過半数が賛成すれば、その憲法改正案が通るが、鳥越のように議会が2/3になってもいきなりどうにもならんぐらいは分かりそうなものだが、慌て者の「オレが、我が」の傲慢な自意識過剰の我儘が多すぎる。


憲法改正案にいろいろてんこ盛りにするとわけわかめになるので、反対否決になろうが、自衛隊だけは可哀想だから賛成する人も多いと思う



オレの案は「最後に一筆、ただし自衛権のために自衛隊は保持する」とこれだけでいいと思う



*これにも反対はいまのところ社民党だけのようだから、「だからダメなんだ」で消えていくと思う、
「最後は、福島党ひとり」

*今日は沖縄、明日は伊方と闇雲過ぎて少しも現実の解決が進まないのは、困る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター