「ワニがいるとは思いもしなかった」 【相模原事件】障害者襲った大量殺人現代社会の写し鏡では

「ワニがいるとは思いもしなかった」男児が襲われ、死亡した場所にいた母親が写真を投稿
引用
BBCによると、フロリダでは、州内全域にわたりワニが生息しており、州の担当者は1948年以来、22人が亡くなっていると話している

ワニ


【相模原事件】障害者襲った大量殺人 現代社会の写し鏡ではないと否定できるのか


どうもおかしな論評が多すぎるので、書く

相模原事件の犯人の人物像やヘイトスピーチや障害者差別がどうのこうのなどはこれは今どきの現代社会では妙な変な人が多いので、それをいくらああだこうだ言ってもらちがあかん

過去まさかやよもやの想定外は数多く発生している だからそういうことが起きたときの対処方法を準備しておくべき
起こる前のリスク管理が必要だろう

ワニがいると言われているフロリダなら水辺には、いる可能性がある

変な人が窓ガラスを割って無断侵入してきたら相手はナイフ2丁だから、とっさに物を投げつけて捨て身で介護者の職員がことにあたる 対処するというのが本来あるべき姿だろう

障害者のみが惨殺されるとはなさけない

夜間予定外の訪問者がいたらいまどき不審者だから、やられる前にやるぐらいの対処のこころで臨むべきだろう

若い女性が1階のアパートで玄関のカギを開けたまま就寝してレイプされたという事件などは、「どうぞお入りください」と言っているようなもので論外だが


憲法をまもろうとか非武装中立とかアホが蔓延しているので、弱者を守ることに万全の心構えが必要だと神様のお告げの事件だと思う 結束バンドで縛られる前に対処しておけばこれほどの大事件にはならなかったと思う

ベントしたら爆発する原発の再稼働も同じことだが

ところがこれまた伊方は昔も動いていたし今から動くことになってあまり変化はないのだが、福島3号機は補強も無いまま大破壊のままで地震が起こると倒壊の危険性が世界一なのだがそれを誰も言わない気にしないのが、不思議だ

ことほど左様に反原発反被曝派はあたまがおかしい人が多いので、第二第三の相模原事件の犯人クラスの問題を起こしかねんので注意が必要だろう 自滅するならいいが他人に迷惑をかけるのは困る

犯人がいまだに反省も無いところは、細川小泉鳥越軍団と同じだから、言葉も無い


まずはいまどきだから変な人には近寄らない、相手が近寄ってきたらぶちのめす気持ちで対処するというのが当世風だろう



補強なし
3号機は今5
3号機地震倒壊


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

差別は資本主義だろうが共産主義だろうが起きる。どちらでも人間が資産を増やそうとすれば、必ず差別する。弥生時代から奴隷と被差別部落は始まっていた。
相模原では薄暗闇の中で無防備な介護者は何ができたのだろう?相手は包丁を突き出し脅してきている。そりゃあ確かに結束バンドくらいで動きを阻害される不思議さとか色々あるが、しかしその恐怖から動けなかったことに対して文句は言えないだろう。ココは間違っていると思うよ。
フクシマはプールの燃料だけは取り出したい、と現地も東電も国も必至だよ。20,30年で崩落や穴が開いての水の送出の危険性は、現場が一番分かってるからね。反対者が考えないでいるとしたら、それはアホ(笑)
プールが片付かなければ、日本は「終わる」片づけても崩れた燃料だけでも終わってるけどね、、。だって取り出しなんて「絶対」不可能。未だに40年なんて書いてる新聞屋やテレビもアホ(悲)まァ、自分は生きていないので責任感ゼロなんだろうな。

Re: No title

どこのニュースを見ても犯人の人物像に焦点で「なぜ守れなかったのか?」の視点がまったくなかったので、
あえて酷だとは思うが、介護職員たちに視点を向けてみた

あなたは「無理だったから酷なことを言うな」説ということはわかった

色々あると思う

詳しい状況が今後出てくると思うが、







放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター