森永雪印スキムミルクCsが2ベクレルなら、Srは1ベクレルと計算される

NPO法人新宿代々木市民測定所
粉ミルク・スキムミルク測定結果一覧表(2016年7月) 原乳産地一覧表(8/27追加掲載)
引用
ミルク2

ミルク3


スキムミルク=脱粉(だっぷん)

脱脂粉乳 - Wikipedia

脱脂粉乳(だっしふんにゅう)は、生乳や牛乳または特別牛乳の乳脂肪分を除去した ものからほとんどすべての水分を除去し、粉末状にしたもの。脱粉(だっぷん)と略称され ることがある。 商品名としてスキムミルクが多用されているが、


生乳=牛乳からセシウム濃縮で10倍 ということで2ベクレルほど森永雪印は出ているが、もっと多く出る場合もあるし、私のアルマジロ測定でも大きく出たり、出なかったり

逆算して生乳が0.2ベクレルになると新宿さんは疑問視しているが


以上はセシウムの話で、ではストロンチウムでは?


平成22年度 環境放射能水準調査結果
引用
ミルク


過去のこれを見ると、生乳でCsとSrでほぼ同じ0.05ベクレルで、スキムミルクになると、

セシウムで10倍の0.5ベクレル

ストロンチウムで5倍の0.25ベクレル程度に変化すると読める


赤ちゃん用の粉ミルク ドライミルクは、ほとんど変化無く、生乳の数値のまま



以上の推察から、森永雪印スキムミルク 料理で使われているのかな セシウムが2ベクレル前後でストロンチウムは常にその半分の1ベクレル程度ということが、わかった


3.5ベクレルとか出ていたものもあったので、ストロンチウムはその半分はあるのだろう

福島事故分はセシウム上乗せだけで、ストロンチウムの上乗せはまずないと6年間の考察で、結論付けられる



赤ちゃん用ドライミルクや牛乳からの放射性物質はゼロがいいのだが、低線量被曝の健康影響がいまだ不明なので6年間の考察も力及ばずが、残念だ


じっくり観察し続けるしかない


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター