自らのルーツに尊敬と感謝の心を持て、蓮舫氏の二重国籍問題



よく見てもいないが黒人奴隷のルーツの物語 涙なくして見ちゃおれん
それが今や黒人大統領の国 感無量だろう

蓮舫もまだ若いから自分のご先祖様やルーツにはあまり関心がないのだろうか?
しかし父母が国籍が違うハーフの人は特に意識しているはずなのだが、明解に答えられないのが哀れだ

「私は母方の国籍の日本人として育った真の日本人だが、台湾籍の父の国籍も残っているかどうかは不明だ、いまでも台湾のご先祖様のお墓参りはこども共々欠かさない、ご先祖様あっての今の自分があるからだ、首相になりたいと思っているが、台湾籍は捨てて日本人として日本国に尽くしたい」

「父方も母方もどちらのご先祖様にも感謝して日本のために、尽くしたい」


と、こういう風に言えば右翼産経ネトウヨ軍団も何も言えなくなる筈なのだが、そこがないのが民進党野党連合鳥越え軍団の人情がわからんばか者なのだ


庶民が二重国籍だろうがどうだろうが知ったこっちゃないが、総理を目指すと公言している以上は、明解に答えられないとダメだろう



蓮舫氏の二重国籍問題 擁護・批判の議論が過熱


つまり、あれだけはっきりズバズバ言いながら、自分のルーツに無関心、ご先祖様など知ったこっちゃない、今の自分は自分の実力だ、何か文句があるのか?
などと思われる傲慢不遜さが、義理と人情と浪花節、お涙頂戴の日本人に嫌がられる


戸籍謄本を辿って江戸後半のご先祖様まで辿れたのが、小泉内閣の時に戸籍の保存期間が変更になって今じゃ明治ぐらいまでしか辿れない
家系図ルーツを辿ってその時代のじいさんばあさんたちがなぜ結婚したのか?なぜ養子になったのか?
ぎゃああああああ、長女と思っていたら若くして死んでいる人がいたから次女だったじゃないかとか、いろいろ発見もあって面白い

女たらしとか出戻りとか、その人間模様が想像できる
そして今いる自分がそこから来ていると思うと不思議な愛着が生まれて、墓参りも楽しくなる


ルーツに尊敬と感謝のこころがある人がどこの世界でも同じだろうが、支持されるのは当然だろう

黒人奴隷としてのつらき悲しいルーツも、恥ずかしいどころか立派なご先祖だとうらやましがられるだろう


ご先祖さまに関心がないといつまでも浮かばれないということを、知っておいた方がいい




*と、偉そうに言うオレも若い頃は「オレが我が」の世界だった 反省













ちなみにオレの遠いルーツはムー大陸の生き残りのミクロネシアポリネシアあたりから日本列島に上ってきて九州熊襲になったのではないかと思う 少し毛深いから


嫁さんはモンゴロイドのモンゴル系だと思う

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター