それは茨城県へあっち行けじゃないのか? 「海産物セシウムは低減している」 和田福島大准教授ら論文発表

「海産物セシウムは低減している」 和田福島大准教授ら論文発表
引用 2016年10月06日 09時11分 福島民友

 福島大環境放射能研究所の和田敏裕准教授らの研究グループが5日までに、県産海産物の放射性セシウム濃度の推移などをまとめた論文を環境放射能分野の国際誌に発表した。セシウム濃度の低下が比較的遅いと考えられてきたカレイ類やメバル類など底魚類も含め、2015(平成27)年にはほぼ全ての検査対象が基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回っていることを示した。

 論文は5日現在、同誌の論文のダウンロードランキングで1位となっている。同日記者会見した和田准教授は「論文は、本県の沿岸漁業の復興が着実、慎重に進められていることを海外に正しく伝える役割を担うことが期待される」としている。底魚類のセシウム濃度が低下している理由について、和田准教授はセシウムの物理的減衰や餌などのセシウム濃度の低下、成長による希釈、世代交代などを挙げている。

 論文は、底魚類のセシウム濃度の推移を、検査対象を見つけた位置の分布とともに示した地図も公開した。

-------------------------------





山林に廃材など5t不法投棄 福島から持ち込みか
引用 2016年10月06日木曜日 河北新報

 宮城県警石巻署などは5日、廃棄物処理法違反の疑いで、女川町の町所有の山林を現場検証した。住宅廃材など約5トンが投棄されていることが分かった。廃材は福島県内から持ち込まれたとみられ、同署などが捜査を進めていく。投棄現場はパトロール中の県の職員が8月上旬に発見した。


---------------------

海の中では広く薄く世界中に拡散なのは、神様の自然のなせる業だろうが、

陸の上では人間力ということは理解できるだろう










楢葉の降下物 天のつぶのデータまで出してみようと思ったがもうバカバカしいのでやめる

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

学者は生き残りの為なら魂さへ売る。
新聞屋は生き残りの為に何でもする。
東京新聞でさへ福島県の食べて応援農家の言葉を掲載している「福島埼玉宮崎のキュウリなら何所のを食べたいですか?福島のキュウリも規制基準値以下なんです。美味しいんですよ。」
これ読んで何所がいいかなんて一目瞭然だろうがァ!宮崎以外に選択肢ねえわ!って一言叫んじゃった。でも埼玉在住なんですが、季節になると福島しか近隣で売られない、、。安売り店もチョッと高級品扱うスーパーも『福島産』。勘弁して欲しいけど、流通業者は儲けしか頭にない(怒)
この茨城沖の方が大きな値が出ているのは他のブロガーさんでも指摘があります。福島の検査では出ないのに、茨城などではデル!
変なのゥ~

Re: No title

福島産のきゅうりは今でもたまに出ているようです セシウムが




放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター