2016年新潟県知事選挙 またの名を徴収いや長州あべ独裁政権との北越新潟戦争







「与党系候補が連合新潟の支援も得て、相手は共産党が主体。あらゆる手を打ち、負ける理由がないのに負けた」


----------------------------------------------------

数々の選挙結果の分析が出ているが、どこもまとをはずし過ぎて見るに堪えられないので、あえて書く


涙無くして見ちゃおれんわずかな手勢の共産社民生活(また昔の自由党に名前を変えるらしいが)



生活→自由党



あべ長州独裁政権に勝てるはずがないのに、さらに連合新潟もあべの味方をしているさなかに






よみがえる河井継之助の亡霊



同盟軍は長岡城を奪還し、新政府軍は敗走した。一度落城した城が奪還されるのは異例の事態であった。この事態に新政府軍は混乱状態に陥り指揮は迷走した。しかしこの戦いで長岡藩側も大きな被害を受け、河井も脚に弾丸を受け負傷した

新政府軍は下関村を経て出羽国(米沢藩領)まで追撃し、旧暦8月中旬には越後の全域が新政府軍の支配下に入った。これ以降も新政府軍と同盟軍の戦いは東北地方で続いた(会津戦争・秋田戦争)北越での戦闘は、戊辰戦争を通じて最大の激戦の一つであった


河井継之助は長岡藩なのに、


あべ長州政権の手先が元長岡市長というのは、これまた神様のご愛嬌
歴史の皮肉



小出さんでさえ「これからは原子力」と夢と希望に満ち溢れたのだから、田中角栄が「雪深くなにもないど田舎の村の新潟越後の発展には原子力しかない」と思ったのも当然だろう


その越後出身田中派は福田派に敗れ、あべ長州にもと田中派小沢が戦いを挑むという歴史的怨念因縁



新潟の勝利は上杉謙信から連綿とつづく歴史的怨念因縁であったということだ


(真田丸をよく見て、司馬遼太郎の本を読んで、田名角栄研究をして、あべ長州を思い起こせば、すべての謎は解けるのだった)






*八重の桜=会津戦争以来、連綿とつながっているということをしっかり見るべきだろう

長州の話も大河になったし


*もうひとつのびっくりぽん

米山隆一プロフィール
引用

医師になった後は、放射線科医として医療の現場で経験を積ませていただきました


びっくりしたでしょ、ここはびっくりするブログなのだった




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

全然

>びっくりしたでしょ
放射能医学研究所出身ね。だからこそ放射能・放射線・放射性物質の危険性は身に染みてるだろうに。中々そこまで踏み込まないのが、チョッと気にはなるな。踏み込んだら「医学界」では抹殺されちまうかな、、。
チョッと話変わるけど、「昔の名前で出ています」アテレコだね(笑)
だから現在の「昔の名前で出ています」もアテレコだったりして、、。
勝利会見での森裕子氏の「メディアも分かったでしょ。」の時の目力の凄かったこと。泥水を啜ってきた政治屋の生き様を見たな。あんな政治家を私の選挙区での、反自公候補にも欲しいと思いましたわ。私の所の左の候補は、党の恩恵で緩い(悲)
森氏は新党立ち上げるかもしれませんね。その後その「昔の名前で出ています」の次期党首なんてね(笑)そして米山氏の弾を握り続ける。女が男の弾を握り続けるのが、世の中一番平和なのは良くご存知ですよね(笑)

Re: 全然

「最後は、放医研」

最後の落ちは放医研にはびっくり 怨念がいんねんです


土人 シナ人系のわたしはたんつぼ大阪の「怨念が因縁 いんねんで」というのもびっくり

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター