「高校生のX線被ばく事故を知って」 「高校生が見た福島原発」


高校生が見た福島原発の現場20161121NEWS23 投稿者 gomizeromirai


健康文化 34 号 2002 年 10 月発行
高校生のX線被ばく事故を知って
引用
本冊子第 32 号に「放射線事故と新聞報道」という表題で書かせていただいた
ばかりである。放射線を職業とする者として、放射線に関する事故にはあまり
触れたくないのが本心であるが、また、書くことになってしまった。放射線は
きちんと利用すれば、こんな便利なものはないのであるが、基本をないがしろ
にすると事故が起こってしまうということをアピールしたかったからである。
平成 14 年 8 月 24 日、福井県国際交流会館において開催された、(財)原子力安
全研究協会主催、第6回 放射線事故医療研究会のプログラムの中に「高校生の
X線被ばく事故」と題する講演演題を見つけたため、当日早朝、北陸自動車道
JR 特急バスに乗車し福井市まで出かけて行った。高校生達を診察した岩手医科
大学の皮膚科医の講演であった。拝聴して、放射線の専門家でもエッ!と驚く
ような事故が起っていた。その概要は以下のようであった。


平成 13 年 11 月 29 日、岩手県北上市の県立高校の理科の実験中に科学実験用
のX線装置を使用した。そのとき事故が発生していた。「していた」、というの
は実験中には事故に気づいていなかったことを意味する。はじめは、先生が茶
封筒に入った硬貨にX線を照射して生徒たちに見せていたが、関心を高めるた
めに生徒の指にX線を照射して、指の骨をスクリーン上に投影して見せたとの
ことである。画像のピントがあまかったため、調整しながら 40 秒間ほどX線透
視をしてしまった。19 日後、この生徒の右手指(第2、3,4指)の手背中央
部 3~4cm の範囲に紅斑が生じたため医療機関を受診、その後、岩手医科大皮
膚科に回されてきてX線被ばくによる皮膚障害と診断された。17 歳の男子生徒
であった。その他、25 名ほどの生徒が約5秒間ずつ指を透視したとのことで、
そのうち 13 名が一過性の紅斑が生じ、他の 12 名には症状は出なかったとのこ
とであった。このような状況が、5ヶ月後の平成 14 年 4 月 18 日の各紙夕刊報
道で明るみに出た。朝日新聞見出しでは「実験で手にX線、1人放射性皮膚炎、
岩手の高校」、毎日新聞では「指にX線 生徒重傷、物理の“人体”実験中、岩
手の県立高」等であり、岩手日報では「安全より事故隠し」の見出しで、岩手
県教育委員会の対応のまずさを指摘した記事であった。

使用したX線装置は、ソフテックスと言う商品名で販売されているもので、
昭和 42 年製、7.5 万円で購入されていた。草花や昆虫などをX線撮影する装置
である。取扱説明書には人体への使用は厳禁と書かれていた。しかし、その説
明書も紛失して残っていなかったため、指導した先生の目には留まらなかった。
また、試料を出し入れする金属製の蓋を閉じなければX線は発生しないような
構造になっていたが、金属製カバーも取れて無くなっており、かつ、蓋がなく
てもX線が発生できるように改造してあったらしい。色々と人為的悪条件が重
なっての事故であった。このX線装置から発生するX線は、管電圧が 20~25kV
程度の非常に波長の長いX線であり、皮膚の表面でほとんどのX線が吸収され
るため、皮膚障害が起こり易い条件下にあったといえる。岩手医科大放射線科
に同装置を持ち込み線量測定を行ったところ、40 秒間照射の生徒の指には 6G
yの吸収線量があったものと判定された。人の皮膚に局所的にこの程度の被ば
くがあると、2 週間後くらいから充血、腫脹、紅斑、脱毛等を起こし、一部は乾
性皮膚炎となるとの記述がある。現時点では、最も多く被ばくした高校生の手
指の触覚、末梢血の異常等は認められないとのことであったので、不幸中の幸
いと言おうか、本当によかったと思っている。因みに、医療用のX線装置では
20~25kV のX線は全く使用されていないこと、通常 40~140kV のX線を使用
しているが、適当な厚さのアルミニウム板あるいは銅板等の金属製フィルター
の使用が義務づけられており、皮膚に吸収されやすい波長の長いX線はあらか
じめ除去して使用するようになっている。乳房撮影に使用するX線は、比較的
低い管電圧 27~30kV で発生させているが、乳腺の平均吸収線量を 0.003Gy 以
下になるように厳しく調整して撮影するように、精度管理の徹底が叫ばれてい
るところである。

放射線の使用に関する法的規制について簡単に言及しておく。診療放射線技
師法第 24 条では「医師、歯科医師又は診療放射線技師でなければ放射線を人体
に照射する業をしてはならない。」と規定していること、診療放射線技師はこの
法律に基づき 3~4 年間にわたり、X線やその他の医療用放射線の安全利用を含
めた教育を受け、さらに国家試験に合格しなければ放射線を人体に対して照射
できないことになっている。市民の健康を守るために、診療放射線技師法以外
に、「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(略して、障害防
止法という。)」、「医療法」「電離放射線障害防止規則」「国家公務員法の人事院
規則 10-5(職員の放射線障害の防止)」等の幾つかの法規制が、文部科学省、厚
生労働省関係の規制対象を定めて、施行されていることをまず知っていただき
たい。ただ、残念ながら今回の高校での事故の場合、高校生を対象とした法規
制は見当たらないことである。上記、障害防止法の第 31 条に“取扱いの制限”
として、「何人も、18 歳未満の者又は精神障害者に放射性同位元素、放射性同位
元素によって汚染された物、放射線発生装置を使用させてはならない。」という
くだりはあるが、ここで言う放射線発生装置には、上記のソフテックスは含ま
れていない。国際放射線防護委員会(ICRP)Publication 36(1982)では、「科学
の授業における電離放射線に対する防護」と題した報告書を刊行しており、そ
の中の、“生徒に関する線量制限の項”で、「生徒は正当な理由がない限り、電
離放射線に被ばくすべきではない。被ばくを伴う講義実験および生徒実験は、
教育課程に適したものであるべきである。手のX線写真を撮るというような、
人体を意図的に照射することは容認されない。」と述べている。もう 20 年も前
のことである。すでにこのような事故を予測していたのかもしれない。しかし、
これは勧告であり法的規制ではない。私は、高校の先生がこのような科学実験
用のX線装置を使用する場合は、少なくとも“X線作業主任者免許試験”なる
国家試験を受験し、X線取り扱いの資格を取得するよう県の教育委員会が指導
してもらいたいと考えている。ただし、この資格を取得したとしても人体への
X線の照射は出来ない。試験科目には、X線を発生させる装置の原理、構造お
よび取扱い法、X線の物理等のX線の管理に関する知識、測定に関する知識、
生体に与える影響の知識等が含まれており、さらに、関係法令が出題される。
X線を使用する者として、少なくともこのくらいの基本的知識は有していてほ
しいと思っている。

その後の調査で、岩手県下の高校 38 校に同様のX線装置が設備されているこ
とが分かったと報告された。確かに、昆虫、魚、草花などのX線写真を見ると
全く別世界にいるような、神秘的な画像を観察することが出来るので、若者達
の科学への興味をさそう教材として本X線装置は格好な道具である。正直のと
ころ、岩手県だけでこんなに多くのX線装置が高校に設備されているとはびっ
くりした。この事故が原因となって、38 校のこの貴重な教材であるX線装置が
すべて倉庫入りし、ほこりにまみれてしまうことをむしろ恐れている。X線を
利用した若者たちの科学する芽を摘み取らないためにも、先生達がX線を正し
く理解し、正しく使用できるように、毎年、一定の教育訓練を受けることを義
務づけ、実験指導に当ってほしいとお願いしたい。この件は、全国の都道府県
教育委員会にも要請しておきたい。病院においてX線を使用して診療業務をす
る医師、診療放射線技師、看護師等も1年に1度は医療用放射線に関する教育
訓練を受けてもらい、安全を期している。このことから、高校の先生に教育訓
練を受講してもらうことは特別なことではないのである。上記のように高校の
先生が“X線作業主任者免許試験”により資格を取得することはあまり現実的
ではない、少々厳しすぎるという意見があるかもしれない。そこで、各県の物
理を担当している先生には、夏休みの期間中に集まってもらい講習会を開催す
ればよい。1~2日間の講習で十分であろう。“X線作業主任者免許試験”が要
求している程度の基礎知識を修得してもらいたい。日本放射線技術学会ではこ
のような場に講師を派遣して、講習会に協力することは可能である。診療放射
線技師は厚生労働省に申請するだけで、“X線作業主任者免許”は下付されるこ
とになっている。現在、日本放射線技術学会の将来構想特別委員会では、社会
貢献の一環として、ボランティア活動の推進を考えているところである。本学
会の会員は 17,000 人を擁し、全国の医療施設、教育機関で活躍している。ソフ
テックスは使用法さえ間違えなければ安全なX線装置である。岩手県ばかりで
なく、全国的にも多くのこの種のX線装置が普及しているものと思われるので、
この事件を教訓として、二度と同じような事故を起こさないようにするために
も、正しく使用できる知識と体制を整え、科学教育に役立てて頂きたいと念ず
るばかりである。また、この種のX線装置が高校等で安全に使用出来るように
するための“法”の整備も必要なのであろう。

この文章を書いているときにも、東京電力福島第1,第2、柏崎刈羽の3原
発の 13 基で 1980 年代後半から 90 年代にかけて、ひび割れなど 29 件の改ざん、
虚偽記載を行っていたことが経済産業省原子力安全・保安院の調査で明らかに
なった、というニュースが流れた。本当に 29 件だけであったのだろうかとの不
信感が即座に頭をよぎった。今後の原子力行政、ひいては日本のエネルギー政
策にも大きく影響することが予測される重大な隠ぺい事件である。大きな事故
につながる前に手立てを加えなければならないのに、隠してしまっては、原因
を早く見つけて事故を未然に防ぐことができた、と言えないではないか。雪印
食品、日本ハムの牛肉偽装、東京女子医大の証拠隠滅、カルテ改ざん等々、安
全軽視と隠ぺい体質に関するニュースが最近は多すぎる。いやな世の中である。
情報公開の重要性が浸透する日は、はたして来るのであろうか。
(平成 14 年 9 月 1 日記)
(名古屋大学名誉教授)




2016年11月24日(木)
原発事故と向き合う高校生
引用

高校生が原発視察へ その思いは

リポート:夜久恭裕(おはよう日本)







これを見た瞬間、この記事は真逆で反対読みをするべきだと即座にわかる
リポート:夜久恭裕(おはよう日本)

















つづく


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今、高校生がイチエフの事故現場を見て、どんな利益が有るのだろう?
勉強ができ真面目な高校生女子のお腹には、将来産れる子供になるはずの卵母細胞が・・・。
確かに動画で見たあの雰囲気の中で自分だけ

「行かない。」と言う勇気を持つのは難しそうだが・・・。
非国民でなく、非県民と、罵られハブられそう。
でも、良いのだろうか?
郷土愛を利用され
福島と生きるのではなく、「福島と心中」。原発マフィアの延命に利用されているだけではないのか?
真面目で善意の高校生が、可哀想でならない。
守る大人はいないのか?
学校は、原子力マフィアの2大官庁の一つ・文科省の支配下に有るので、抵抗できないだろう。抵抗すると、ニッキョウソ!ニッキョウソ!と、吊し上げが待って居る。
親は?
親の許可が有る生徒だけ参加したのだから、親の考えを聞きたい。

Re: No title

早野

初期被曝はチェルノと比べて少ないから「大丈夫だろう」
内部被曝はWBCで少ないから「大丈夫だろう」
外部被曝は「福島高校生論文 国内国外福島は変わらなかった」

以上で外堀を固めていよいよ汚染のはげしい原発見学で「こんなに大丈夫になった」と
高校生を使ってマスコミキャンペーン

これに科学的な反論ができるのはもはや反原発反被曝派では、もういない

「静かな死」は反原発反被ばくのことだった

木下もむちうちで挫折

「見捨てられた初期被曝」のstudy2007ももはやあの世


いま私は小佐古サブマージョンと市川先生低エネルギー散乱線を研究して早野に対抗すべき「真田丸」設営状態です



これもあります

「”医療用に使われたから安全”ということはない」児玉龍彦
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2923.html
それでよくですね、最初に私が「キセノンが散った」というのを申し上げますと、ホームページやなんかで、「キセノンは肺やなんかの換気量をみるのに使われた事がある位で問題ない核種で

内部にある、たとえばキセノンと言われるような希ガス、こういうものとか
放射性のヨウ素はかなり大量にもうすでにこの時点で放出されます
チェルノブイリをしのいだものが出ています

大熊町のオフサイトセンターから、専門家が逃げ出すような量の大量の放出がが3月14日の夜中から起こりだしていた時に、
「さしあたり健康に被害はない」という事がいわれていました

隣の人が吸っていないから私が吸っていないなんて事は、
気体の場合にはほとんど言えない



放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター