「高校生が見た福島原発の現場」 低エネルギー散乱線の影響とサブマージョンリスク











バスの中で2時間ほど最高10マイクロの被曝だったらしいのだが、






1,2号機のそばまで行ってその手前の山際丘の上から眺めているビデオがあるが、スカイシャインを受けたものと思われる






1号機もカバーがはずされて、3号機からも、コンプトン散乱線が来るから近づくとリスクがおおきい

















----------------------------------------

希ガスサブマージョンリスク











----------------------------------










--------------------

バスの中だからダスト内部被曝は少ないだろうが、2μmのセシウムボールの浮遊を吸っているかどうかは、死んで肺を電子顕微鏡検査でないとわからない

散乱線被曝は市川先生の「ムラサキツユクサ細胞突然変異と線量が比例した」と言う話につながる

小佐古涙の会見のサブマージョンリスクは推進派 東電も軽視しているが、研究したり追求したりする人ももはやすでにいない








「被曝量とは「外部被曝」「内部被曝」「サブマージョン被曝」の3種類の合計で表すことになっているのに、
「サブマージョン被曝」という言葉でさえ、専門家の中では小佐古氏だけしか使っていません。」



-----------------------------------------

その1 エックス線のようなエネルギーの低いコンプトン散乱線ゾーンが与える生物効果

その2 セシウムボールの内部被曝

その3 小佐古が言った希ガスサブマージョン甲状腺リスク 甲状腺等価線量リスク


また宿題が増えた







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター