study2007の遺言「子供の身体に刻まれた累積被ばく線量は、後からなかったことにすることは決してできません」 そのstudyももはやいない




1年後にやっと買って読んだが、これはかなり難しい専門書だから下知識がないと理解できないだろうと睨んだとおりだった
1年下準備をして勉強したからオレは理解できたが、うちの嫁さんではもはや無理だろう

「私も後書きのコラムから読んだ。
そして、涙。止まらない。
本編を理解する読解力は私には無いけれど」

こういう人が多いだろう

「見捨てられた初期被曝」は甲状腺等価線量再構築を追究する専門書だった

ヨウ素131の大気中濃度の実測値がほとんどないので、いや隠蔽されたので、それを何らかの方法で解決しようとする方策だった

---------------------------

その前に、原発事故が起こったら市民の防護をどうするかがJCO事故で作られ、さらにチェルノブイリの知見も考えて、まずは最初に出てくるヨウ素対策

安定ヨウ素剤をどうなったら服用させるのか?

 標準的な大口径GMサーベイメーター 日本では日立アロカTGS146でカウント数を測定して

安定ヨウ素剤の予防服用チェルノブイリの知見からWHO推奨
1歳児甲状腺等価線量10MSv=4Bq/cm2=1000cpm

ここから服用と期待されたが、あの山下が、14年度の安定ヨウ素剤服用の検討会で


1歳児甲状腺等価線量100MSv=40Bq/cm2=13000cpm (10000~13000)

大人なら10分の一 甲状腺等価線量10MSv=40Bq/cm2=13000cpm (10000~13000)


緊急時体表面汚染スクリーニングで除染すべき基準
(寒くてもお湯シャワーで落として線量を下げないと避難所に入れてあげない)
1歳児甲状腺等価線量100MSv=40Bq/cm2=13000cpm
(10000~13000cpmのこと)

除染シャワー
今頃気が付いた 寒かろうになんで裸なんだ よく見ると母も祖母も髪が濡れている
これが除染シャワーだったんだ 泣くしかない


ばあさんの頭8万cpmとか超える人が多すぎてシャワーのお湯も間に合わないので、悪だくみの末、
1歳児甲状腺等価線量1000MSv=400Bq/cm2=100000cpm
に基準を引き上げ

正確には、

日立アロカTGS146 10万cpm=890mSv=354Bq/cm2

アナログ表示(メーター)0~100kmin-1
デジタル表示(液晶表示器)10.0~99.9kmin-1
http://www.rex-rental.jp/anz/tgs-146b.html …
311の時はアナログしかなかったのだろう


「針が振り切れ」とは10万cpm上限張り付きそれ以上測れない
離して低くした







ではせめてヨウ素剤を飲ませたのか?






以上のようなことが「見捨てられた初期被曝」の導入のお話の物語

測定器のことや

原子力災害時における安定ヨウ素剤予防服用の 考え方について

いろいろもう大変です

「こどもをまもろう」のパレードまで参加した嫁さんも今や風化の石おんな
読ませてみるか


嫁さんに読ませてテストしてもいいのだが、いちいち基礎用語からの説明でこちらがいらいらしてきて
「ぐわあああ」と怒り出してケンカになってごはんを作ってくれなくなるので、
やっぱりそ知らぬ顔でやりすごすのがいいと思う


おとなで10万cpmを超えた人も多いようだから、甲状腺等価線量100ミリシーベルト超え


--------------------------------------

まとめ

WHO推奨

1歳児甲状腺等価線量10MSv=4Bq/cm2=1000cpm

山下が、

1歳児甲状腺等価線量100MSv=40Bq/cm2=13000cpm


福島で13000cpmを超える人が続出で寒空で待たせるわけにいかず


1歳児甲状腺等価線量1Sv=400Bq/cm2=10万cpm


その後また2011年9月に、13000cpm


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとう

study2007の遺言

「ある程度なら飲食しても仕方がないなどという放射線管理区域は全国のどの研究施設、病院にもありません」

「お母さんは子供ががんに罹った理由を自分の中に探し、そして責めます。先進医療に望みを託し、家計をやりくりして大金も支払います。自宅に介護ベッドを用意し、最期のときまで寄り添い、愛情を尽くします。そして子供は、自分自身が親の負担になっていることを気にかけながら、心と身体の痛みに耐え」

「避けることのできるがんリスクが非科学的で理不尽な理由により、多数の子どもたちに押しつけられるのを、私は許すことができません」

study2007の遺言

study2007の遺言

「1歳児甲状腺等価線量10mSv=4Bq/cm2=1000cpmと言う数値は、子供を守るために「合理的に達成可能な」線量目標値と捉えることもできます。

ひとたびガンを発症すれば、浴びた線量がどんなに微量だったとしても痛みや治療が軽く済むというわけではありません。

そして、その多くは命に関わります。」



放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター