飯舘村でIAEAの避難基準を超えた 日本から輸入したキャベツに9倍のヨウ素がシンガポールのサンプル

日経

IAEA、検出物質はヨウ素 福島・飯舘村の測定値修正
2011/4/1付
【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は3月31日、福島第1原発の北西約40キロにある避難区域外の福島県飯舘村の土壌からIAEAの避難基準を上回る値が検出されたとした放射性物質は、半減期の短いヨウ素131で、測定値は1平方メートル当たり約2千万ベクレルだったと修正した。

 IAEA当局者は30日の記者会見で、約200万ベクレルとしていた。数字を取り違えたとみられる。

 測定日は3月後半で、ヨウ素131の半減期は約8日。当局者は「検出された値は限られた試料に基づいた初期評価で、追加調査が必要」と話している。

 一方、日本の原子力安全委員会は31日、国内では土壌でなく空間放射線量を指標にしていると説明。原発から半径20キロを「避難」、20~30キロを「屋内退避」とした設定は妥当で、避難区域の設定の見直しは必要ないとの考えをあらためて示していた。

-------------------------------------------------------

AFP

飯舘村の放射線、IAEA基準超す
2011年03月31日 13:11 発信地:宮城
3月31日 AFP】(一部更新)国際原子力機関(IAEA)は30日、福島第1原子力発電所から40キロ離れた福島県飯舘村で測定された放射線レベルがIAEAの安全基準値を超えているとして、状況を再評価するよう日本政府に勧告した。

 政府は、原発から半径20キロ圏内に避難勧告、20~30キロ圏内に屋内退避勧告を出しており、飯舘村はこの外側にあたる。

 IAEAのデニス・フローリー(Denis Flory)事務次長はウィーン(Vienna)で会見し、「あくまでも初期的な評価」だとした上で、飯舘村で測定された放射線レベルは「IAEAの避難基準の1つを超えている」と述べた。また、日本政府に対し「注意深く状況を評価するよう」勧告した。日本政府は「既に評価中だと示唆してきた」という。

 一方でフローリー氏は、IAEAは国家に命令する権限を持っていないこともあり「避難指示圏の拡大を求めているわけではない」と強調した。

 枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は31日の記者会見で、IAEAから勧告を受けたことを確認。避難地域の拡大について「ただちにそうした性質のものではない」との認識を示した上で、「長期的に健康に影響する可能性があれば、必要な対応をしたい」と述べた。

■急がれる対応、樹脂散布へ

 日本は現在、福島第1原発の危機を回避する上でジレンマに直面している。原子炉を冷却するには放水が不可欠だが、タービン建屋地下などには高濃度の放射能を含んだ水がたまり、海に流出する瀬戸際にある。そのため修理作業は中断し、環境には深刻な脅威を与えている。

 放射能の拡散を防ぐ応急処置としては、建屋が大きく破損した1、3、4号機にエアフィルター付きの特殊な布をかぶせる案や、タンカーを2号機に横付けして五輪競技用プール数杯分のたまり水を回収する案などが浮上している。

 31日以降、放射性物質の拡散を防ぐための合成樹脂を敷地内に散布する作業を開始する。最終的には、1.2ヘクタールの敷地内の3分の2に散布する予定だ。

 米国は、イラクとアフガニスタンの戦場で性能が立証済みのロボットを日本に貸し出した。これらのロボットは、高濃度の放射能のため人間が立ち入ることのできない原子炉建屋内でも、目的地への移動、撮影、がれきの除去が可能だ。(c)AFP/Shingo Ito

-------------------------

朝日

福島県飯舘村で避難基準値超える放射性物質 IAEA
2011年3月31日11時40分
国際原子力機関(IAEA)は30日、福島第一原発から約40キロ離れた福島県飯舘村で、IAEAの避難基準を上回る放射性物質が検出されたため、日本側に詳細な調査をするよう促したことを明らかにした。

 IAEAによると、日本側が3月18~26日、福島第一原発周辺25~58キロの9自治体の土壌の放射性物質を測定。そのうち飯舘村で計測された最高値が、IAEAが避難の条件とする数値の約2倍に達したという。

 日本政府は、福島第一原発から20キロ圏内を避難、20~30キロ圏内を屋内退避と指示しており、飯舘村は対象外だ。ただし、IAEAは「測定は天候や場所にも左右されるため、今回の調査だけで判断できない。日本側に現状を注意深く評価するよう助言した」としている。(ウィーン=玉川透)

---------------------------------
NHK

4月1日のニュース

IAEA 検出は放射性ヨウ素
(4月1日11時20分)
IAEA=国際原子力機関は、先月、福島県飯舘村でIAEAの避難基準を超える放射性物質が検出されたことについて、物質は放射性の「ヨウ素131」だったことを明らかにしました。
IAEAによりますと、福島第一原子力発電所の事故で、現場から北西におよそ40キロメートル離れた福島県飯舘村で、先月30日、日本側が土壌に含まれる放射性物質を分析したところ、1平方メートル当たり2000万ベクレルの値でヨウ素131が検出されたということです。
これを基に、IAEAが人体に与える影響の度合いについて調べたところ、IAEAが避難を促す基準の2倍に当たることが分かり、日本政府に対して状況に注視するよう求めました。
データの公表を巡っては、当初、IAEAは飯舘村の測定データの出どころを明確にしなかったほか、数値についても「200万ベクレル」と発表するなどの混乱があり、今回、正式に訂正する形となりました。
IAEAでは、引き続き今後の放射線量の推移について、日本政府と連携を取りながら分析作業を進めていくことにしています

---------------------
NHK

4月2日のニュース

IAEA 飯舘村は基準下回る
(4月2日6時45分)
福島県飯舘村で、IAEA=国際原子力機関の避難勧告の基準を超える放射性物質が検出された問題で、IAEAは1日、その後の分析では、放射性物質の濃度が避難勧告の基準を下回ったと発表しました。
この問題は、福島第一原子力発電所から北西におよそ40キロ離れた飯舘村で、日本側が測定した土壌のデータをIAEAが独自に分析したところ、IAEAが避難を勧告する基準の2倍に当たる1平方メートル当たり、2000万ベクレルの放射性ヨウ素131の値が確認されたものです。
これについて、IAEAは1日、さらに分析を行った結果を公表しました。
それによりますと、飯舘村で日本側が先月19日から29日の間に15回にわたって測定した土壌データを詳しく分析したところ、ヨウ素131の平均値は、1平方メートル当たり700万ベクレルで、避難勧告の基準を下回っていたということです。
これについて、IAEAでは「放射性物質の濃度は、福島第一原発の今後の状況や、風向きや雨など気象条件によって、変化する可能性がある」として、土壌などのデータの推移を注視するよう、日本政府に対して求めています
------------------------------

ロイター

2011年 03月 31日 08:57 JST 関連トピックス: トップニュース
飯舘村でIAEA基準超える放射性物質、避難区域の拡大圧力も

[ウィーン 30日 ロイター] 国際原子力機関(IAEA)は30日、事故を起こした福島第1原子力発電所から40キロの村で、避難基準を超える放射性物質が観測されたことを明らかにした。

 この調査結果により、福島第1原発の20キロ圏内を超える範囲に立入禁止区域を広げるよう日本政府に求める圧力が強まる可能性がある。

 IAEAのフローリー事務次長は、記者会見で「最初の評価は、(福島県)飯舘村でIAEAの避難基準を超えたことを示している」と語った。

 また「われわれは注意深い状況判断を行うよう(日本に)勧告し、日本はすでに評価中であることを示唆している」と述べた。

 国際環境保護団体グリーンピースは今週、福島第1原発の北西約40キロにある飯舘村の放射線レベルが避難に値するほど高いことを確認したと明らかにしていたが、日本の原子力安全当局は28日、同団体の避難区域拡大要請をはねつけた。

 IAEAはまた、日本から輸入したキャベツに国際貿易推奨基準を超える放射性ヨウ素が含まれていたとの報告をシンガポールから受けたことを明らかにした。

 IAEAに出向している国連食品当局のデビッド・バイロン氏は、推奨基準は1キロ当たり100ベクレルだが、シンガポールのサンプルの1つからは基準の最大9倍のヨウ素が見つかったとし、「他のサンプルも(これほどではないが)基準を超えている」と述べた。 

 IAEAの天野之弥事務局長は、事態収拾に向けた当局の取り組み強化にもかかわらず福島原発の状況は依然として深刻との認識を示した。

 その上で、日本当局はさらなる困難に直面しているが、いくつかの成果もあったとし、6月20―24日にウィーンで開催する原発の安全性強化を目指す閣僚級会合にIAEA加盟151カ国を招いたことを明らかにした。

 同事務局長は「前向きな会合になるだろう」と語った。

 フローリー事務次長は、原発の状況が悪化する可能性について、「再臨界」の可能性があるとの見方が出ており、そうなれば放射線漏れが拡大する恐れがあるが、「致命的な事態」にはならないだろうとし、「再臨界は原子炉が爆発することを意味しているのではない」と語った。

----------------------------

読売
2011年04月01日
IAEAと安全委、土壌めぐる見解相違で混乱

福島県飯舘村で検出された高濃度の放射性物質を含む土壌を巡って、国際原子力機関(IAEA)と内閣府・原子力安全委員会の見解が分かれ、混乱が広がっている。

 IAEAは独自の土壌調査を行い、日本政府に避難勧告を検討するよう促したが、安全委は「判断基準の物差しが違う。日本の方が総合的に判断しており問題ない」と反論している。

 飯舘村は福島第一原発の北西約40キロに位置し、屋内退避を勧告された20~30キロ圏内の外側にあたる。IAEAは同村で、土壌の表面に付着している放射性ヨウ素131とセシウム137ほか、空気中の放射線量の割合を調査。放射性ヨウ素131が、土壌表面の1平方メートル当たり2000万ベクレルで、IAEAの避難基準の約2倍に相当するとしている。

 これに対し、日本は土壌を深さ約5センチまで掘り、採取した土壌1キロ・グラム当たりの放射性物質濃度を調べている。このほか、空気中の放射線量の割合、空気中のほこりや飲食物に含まれる放射性物質濃度なども測定し、人への影響を考慮している

-----------------
飯舘村の放射能──騙されてはいけない数字のトリック
引用
 IAEAが発表した飯舘村の放射能汚染は、やはりヨウ素131だった。IAEAのヨウ素131の避難基準は10メガベクレル(Bq)で、サンプル数を15に増やした結果、その平均が7MBqだったので基準以下で安全という結論になった。
 しかし、何ともおかしな話である。


-----------------

study2007の遺言

「ある程度なら飲食しても仕方がないなどという放射線管理区域は全国のどの研究施設、病院にもありません」




*1 通常は深さ5cm以内程度までを採取するが、参考として深さ約5mm程度までを採取し、測定したもの
飯館村土壌
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/6000/5080/24/Readings%20of%20soil%20monitoring_All%20Results%20for%20May_2011_20120912.pdf

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター