伊方原発 「目標値は年間0.05ミリシーベルト以下ですが、実績はその1000分の1以下です」







発電用軽水型原子炉施設周辺の線量目標値 に関する指針について

発電用軽水型原子炉施設周辺の線量目標値に関する指針 (11-03-01-06)
引用
周辺の公衆が受ける線量をできるだけ低く保つ努力目標として、周辺の公衆の受ける線量目標を実効線量で、年間50マイクロシーベルト=0.05ミリとする


周辺公衆の受ける線量を低く保つための努力目標値であるので、この目標値を達成できないからといって、ただちに原子炉の運転停止や出力制限などの措置を必要とするようなものではない

3.「線量目標値」についての解説 年間0.05ミリシーベルト
(1)線量目標値は、法的規制値である「線量限度」等を変更するものではない。法令によって定められている線量限度は、周辺監視区域外において実効線量で1mSv/yである



低線量の被ばくについての厳しい考え方に立つと、人工的な放射性物質の環境への放出はできるだけ少ないにこしたことはない。現代では医療をはじめとして、各種の放射線を被ばくする機会が多いので、法的規制値以下であれば良いと満足せず、積極的に低減への努力が必要と思われるので、
定量的な目標値を示すことによって、環境への放出低減を推進することにした。


線量目標値は法令による規制値ではなく、また線量と放射線障害との関係から定めたものではないので、線量目標値が達成されないからといって安全上支障があると考えるべきではない。しかし、線量目標値が達成されない場合には、施設の設計運転または放射性物質の放出管理において改善のための努力が要請







六ヶ所再処理工場が年間0.022ミリ 原発が年間0.014ミリだった

図1 核実験による世界の一人当たり年間実効線量の推定値(1945~2005年)



核実験で10倍以上、福島事故で100倍以上ということがわかった
今日はなかなかいい勉強ができた
感動した










放出管理


福島事故前の原発が放射性希ガスヨウ素トリチウム空気液体固体廃棄物を出して、それからの人工核種放射線公衆被曝が年間0.014ミリだったとは、

(外部、食の内部空気の内部被ばく試算らしいが、まあでたらめだろうが、話半分でも)

六ヶ所再処理工場が、年間0.022ミリ

福島事故の福島県民の外部被ばくが最高25ミリ、1~2ミリで30%もいることになっている


ICRPの公衆被ばく限度1ミリを守れとか、反原発反被ばく派はやはり頭がおかしいのではないか!

1ミリとか聞いて、つい「少ないじゃないか」などと自然界と比較して安心していたら、人工核種で1ミリはどえらいことだった。

オレが言っているのではない、推進派自体が「年間0.05ミリ以上は出しません、安心安全」と言っていたのだから


伊方原発
「目標値は年間0.05ミリシーベルト以下ですが、実績はその1000分の1以下です」


反原発反被曝派
「年間1ミリをまもれ」

推進派
「みんなありがとう、これからはもっと撒き散らすから」








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター