過去1年を超えてない あれれ 過去2年を超えてない あれれ 過去3年を超えて   だんまり 平 成 29年5月 1 0 日福島県危機管理部放射線監視室

平成28年度の調査結果pdfアイコン (平成29年4月24日更新)
引用
28年度大熊町向畑 026 12 146
Cs134-0.26 + Cs137-1.2 =1.46mBq/m3

福島県危機管理部放射線監視室「過去1年セシウム137-1.2ミリベクレルを越えていない、変動はありません」

20170503モニタリング3報3

あれれ


平成27年度の調査結果pdfアイコン (平成28年7月6日更新
引用
当年度の測定において、最大値は次のとおりでした。双葉町山田
セシウム134 0.77 mBq/m3
セシウム137 2.9 mBq/m3

合計3.67mBq/m3


毎日新聞 過去2年の原発周辺の観測最大値を超えていない

20170505モニタリング5報


あれれ

平成26年度の調査結果 pdfアイコン(平成27年8月24日更新
引用
平成26年度の測定において、現在までの最大値は 双葉町 郡山
セシウム134 1.8 mBq/m3
セシウム137 5.2 mBq/m3

合計7mBq/m3


第9報


ついに過去3年最大値7mBq/m3を越えて9mBq/m3となり、だんまり

双葉に流れた


*最近はたしかにCs134は不検出が多いからCs137だけを言ってもいいが、こういう場合はあきらかに134が検出できるされる場合は被曝線量に影響するから、合計で言うべきなのに、

もう完全に自分らでも「出ない」と思い込みすぎてトンチンカンな公表、報道になったのだろう。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター