7年目の確定判決 肺の線量が増え続ける意味

c22.jpg

cc21.jpg

cc23.jpg

全身を測るホールボデイカウンターで高かった東電社員を、部位別に測定器を当てて測る。

最初は、甲状腺、肺、肝臓膵臓、腎臓の順番が、

時と共に肺の線量は上がり続けるが、腎臓は下がり続ける。甲状腺(気道を測っているのか?)肝臓当たりは変動が激しい。


どちらにしても明確にグラフに現れている見事なものだ。きっとこの東電社員はフクイチ全面マスク解禁の影響でいつまでも吸い込み続けているのだろう。

グラフはよく読み取れないが、1400日を示している。(そのうち論文で明確なグラフが出てくることだろうが)


この結果をもって、「吸い込みが危険だ」と警告を鳴らし続けた人は正しかったと証明された。

国道沿いのお掃除運動こどもたち事件もあった。

掃除機のゴミ内部被曝指摘もあった。


鼻血はこっちだろう。
c24.jpg

大きな粒子が数千ベクレル(事故時はもっとすごかったに違いない)


これにてすべてが証明された。

よって次は線量応答被ばく健康影響問題となる。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター