チェルノブイリの燃料デブリ表面に新たに形成された黄色の鉱物 1991年

チェルノ象の足

チェルノ象の足2

チェルノ象の足3

第2回福島第一廃炉国際フォーラム
Day1 - 地元の皆様を主な対象としたプログラム
Day2 - 技術的専門家を主な対象としたプログラム

廃炉フォーラムのニュースが多少流れていたが、1日目の開沼の安全デマエートス話が多かったようで誰も気にも留めていないようだった。
ところがなんと、専門家会議の方では、なななんと、チェルノブイリの研究所から
「チェルノブイリの燃料デブリ
チェルノブイリコリウム
チェルノブイリのホットパーティクル:高放射性固体粒子であり、大きさが1µm未満~数100µmのもの

ホットパーティクルには通常、 ウランが含まれている(含まれない場合もある)」

詳しい解説が出ていた。

ここが最重要だろう。


イエローケーキ2

イエローケーキ

イエローうこん


その前の面白いお話として「黄色い粉のウラン イエローケーキ」
311当時に花粉が降ったのを「ウランイエローケーキ」と大騒ぎになったが、チェルノでももうひとつの象の足がイエロー化していたというびっくり仰天の話

黒くなったウラン燃料がふたたび元のイエローに戻ったという現実
まんざらあの当時のデマ呼ばわりもウソではなかった、量は少ないだろうがウランはあったので、できれば花粉をアルファスペクトル解析していたらはっきりわかっただろうが

いま詳しく読み込み中なので話は盛りだくさんになると思う
廃炉デブリ研究は結局デブリの粉塵がホットパーティクルとして世界中に拡散したということで、今あなたのわたしの肺の中、
という被ばく問題につながるので最重要だ。

資料データが盛りだくさんには驚いた。

と、研究しているさなかに、神様の伝言



チェルノ象の足4


あまりのタイミングよい象の足の出現には、びっくりぽん

わたしの場合シンクロデジャブが非常に多い、お迎えが近いからかもしれないがwww


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

大雨、大丈夫でしょうか?

kokikokiyaさん、こんばんは。
台風が去ったばからいだというのに、
九州北部に豪雨が!
つい先ほど、大分県にも特別警報が出て、
驚いております。

kokikokiyaさんのお宅の辺りは大丈夫でしょうか?
くれぐれもお気を付け下さい。
被害がないよう、願っています。

Re: 大雨、大丈夫でしょうか?

MORRIさん、ただちにまだ大丈夫です。

ほんとに台風が去ってやれやれと思っていたら、まさかの土砂降り。
昼から雷がひどくコンセントを抜いてやりすごしておりました。
川のそばがやられているようです。

「周囲の状況や避難情報を確認し、ただちに命を守るための行動をとってください。特別警報とは」

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター