三田茂講演会~東京の放射線被害の実態~2017/08/02 に公開

肺がん7















人はなぜすぐに避難しないのか
―― 人は皆、「自分だけは死なない」と思っている ――


引用

津波警報、洪水警報、避難勧告をだしても住民はなぜ逃げないのか

正常性バイアスと多数派同調バイアス
正常性バイアスとは、異常事態に遭遇した時に「こんなはずはない」これは正常なんだと自分を抑制しようとする心理状態のことで、
多数派同調バイアスとは、自分以外に多数の人がいると、取りあえず周りに合わせようとする心理状態のことであります。

異常事態に遭遇した時に「こんなはずはない」これは正常なんだと自分を抑制しようとする

自分以外に多数の人がいると、取りあえず周りに合わせようとする

子どもたちが覚えやすい言葉で表現された"津波避難の三原則"であり、東北地方にふるくから知られている"津波てんでんこ"

釜石市は地域の小中学生約3,000人は高齢者や小さな子どもたちを助けつつ自主的に迅速に避難し、ほぼ全員が無事でした

「釜石の奇跡」と言われるものは決して奇跡ではなく、こうした津波防災教育の賜物であったと言えるでしょう。
『想定にとらわれるな』(ハザードマップを信じるな)

最初に避難したグループホームにも3メートルの高さを超える津波が押し寄せていました。
 もしハザードマップの想定にとらわれて避難していたら、間違いなく生き延びることはできなかったでしょう。想定にとらわれず、そのときの最善をつくしたからこそ、子どもたちは避難することができたのです。

『率先避難者たれ』
 ―― 「正常性バイアス」を打ち破る……非常事態時、人は避難するという意思決定ができない ――


早野健康影響ない



















人はなぜすぐに避難しないのか
―― 人は皆、「自分だけは死なない」と思っている ――

三田茂講演会~東京の放射線被害の実態~
余命短縮現象 ガン患者の余命が短くなる あっという間に

「また知り合い「急性進行性肺癌」で命落とす。判明して2ヶ月~3ヶ月以内で命落としているんだよね。双葉町友人も南相馬市の親類も同じ死に方をしてる。」







私の記事はなぜ連想ゲームのようにつぎつぎと繋がっているのか?つながって来るのか?

それは一貫してその底流に「放射性プルーム 見捨てられた初期被曝 ホットパーティクルセシウムボール 散乱放射線」

「プルームにつつまれたら」どうなるか?があるからだ!!!





そしてきちんと対策もすでに手を打っている それは「春ウコン」だ

人の話をまともに聞かないで倒れていく人も多い 哀れだ!!!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター