FC2ブログ

欧米社会への大いなる衝撃 イエスの失われた17年とは何か



なぜ今、「イエスのこと」か!
トランプは世界全体を巻き込む問題を起こした。それが「エルサレム問題」である。イスラエルがエルサレムを占領して以来50年間が過ぎた。
http://www.liberty-i.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=768 …
イエスの生涯については新約聖書で記録されている。しかし、人生のベースとなる12歳~29歳までの17年間が






引用
福音書で見る限り、イエス・キリストは12才から29・30才くらいまでの消息が全然分からない

この書はその失われた空白の間、イエスがインド及び現在のチベットを訪れたというものである。ここでイッサという名前で知られるイエスは仏教の奥義をマスターしてブッダとなった後、再びパレスチナに戻ったとこの書は主張する。ブッダはもちろん悟りをひらいたものへの尊称である。

このイエスのインドで過ごしたとされる期間というのが完璧に「イエスの失われた年数」とマッチすると言う

チベットにおいて、偉大なブッダ、聖者、ラマ、etcが死んだ時
賢者達は星やその他の予兆を読み取って、とても長い旅に出る
そして賢者達はラマの生まれ変わりの赤子を見つけるのだ
やがてその子供が大きくなった時
両親の下から離されて仏教の信条を教育する
専門家はこれは聖書に出てくるイエスと

イエスが実は磔の刑から脱出して
数年間カシミールの渓谷で過ごし、
80歳まで幸せな人生を送ってから亡くなったそうだ
BBCのドキュメンタリー

16年間の少年期、青年期に加えて晩年までの45年間、
つまりイエスは61年ほどインド、チベット、その他の近隣諸国に住んでいたことになる

地元民は現在インドが実行支配するカシミールのスリナガルにある
ロザバル寺院に埋葬されたのだと信じているという。
BBCがその寺院を訪れている。またBBCが何を発見したのか
ここで読める。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/from_our_own_correspondent/8587838.stm …




イエスは仏陀(解脱者)だったのか(笑い)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター