全α全βについて

放射性物質の分析方法について
引用
1.放射線の種類
放射線とは、荷電粒子(α線、陽子、重イオン等)、電子(β線)、中性子等からなる高エネルギー粒子線と、γ線や X 線の波長の短い電磁波を総称したものである。一般には、物質を通過する際にその相互作用により物質を直接あるいは間接に電離する能力を有する電離放射線を放射線と呼んでいる。

α線は He 原子核であり、その飛程は非常に短い(通常は紙や数 cm の空気層で止まる)一方で、透過性が低く周囲の狭い範囲に大きなエネルギーを付与するので内部被曝の影響は大きい。β線は電子であり、その飛程はα線よりは長いがγ線よりは非に短い(通常は数 mm の Al 板や 1cm 程度のプラスチック板で止まる)。γ線は電磁波であり、物質中を通過する際に光電効果、
コンプトン効果、電子対生成等によってそのエネルギーを失う。α線やβ線と比較すると飛程は長いが電離作用は弱い。

2.環境モニタリングで使用される放射性物質の分析方法
2.1 全アルファ放射能測定
(1) 目的
環境中のα線放出核種の濃度を測定し、異状の有無を監視する。核種の判定はできないが、スクリーニング等に使用される。大気に関しては、2.2 全ベータ放射能測定と合せてβ/α比を監視する(天然放射性核種によるβ/α比はほぼ一定なので、変動があった場合には人工放射性核種の放出が疑われる)ことによって人工放射能の放出の有無を監視するためにも使用される。
(2) 測定方法
対象の試料を前処理(電着)し、それをZnS(Ag)シンチレーション計数装置、ガスフロー計数装置、シリコン半導体検出器等によってα線計測する。
(3) 対象核種
U-238、U-234、Th-230、Ra-226、Rn-222、Po-218、Bi-214等。
(4) 注意事項
・ 核種の同定はできない。

2.2 全ベータ放射能測定
(1) 目的
環境中のβ線放出核種の濃度を測定し、異状の有無を監視する。核種の判定はできないが、簡便に放射能の汚染状況をチェックできるため、スクリーニング等に使用される。
(2) 測定方法
試料水(蒸発濃縮・乾固したもの)や、灰化物、沈殿試料等について、GM計数管(β線計測可能なもの)で計数する方法が一般的である。ただし、エネルギーの低いβ線を放出するH-3やC-14等では、β線が試料自体による自己吸収や試料と検出器との間の空気層等で吸収されてしまうためにGM計数管では測定が難しい。
(3) 対象核種
GM計数管を使用する場合は、H-3、C-14等以外の核種。例えば、P-32、Co-60、Sr-89、Sr-90、Y-90、Tc-99、I-131等。
(4) 注意事項
・ GM計数管を使用する場合は、エネルギーの低いβ線を放出するH-3やC-14等の測定はできない。
・ 蒸発濃縮等の前処理をすることによって、原試料の濃度が低い場合でも検出が可能である。
・ 核種の同定はできない。

全ベータ放射能測定法
引用
核種不明の試料について,その放射能の絶対値を毎秒の壊変数(dps)またはキュリー(Ci)の単位で正確に求めることは原理的に不可能である。しかし試料相互の比較や危険度の推定をある程度可能にするため,便宜上天然カリウムの放射能との比較によって,次の方法を用いて基準化を行う。

放射能の計算
未知試料の放射能N(dpm)を次式忙したがって計算する
n士dn N±dN =Nk


k40のβ線の最大エネルギーは,1.33MeVで比較的高い。一方試料がもし混合核分裂生成物を含むならば,そのβ線は最大エネルギーをことにする数麺類のものの混合物であゎ,その混合比率は時間の経過とともに変化する。レ1せそれらのごく大ざっばな平均としてセシウムー137の声凄く主として最大エネルギー0.5】MgV)をとカ,カリウムニ40のβ繚と自己吸収の様子を比較検討した結果によれば,本方法で求められた構には2倍せたはそれ以上の誤差が起こわうるe以上の理由から,測定値の標準偏差を終異に付記しても意味がない


β線のエネルギースペクトル


気象庁による海水の全ベータ放射能観測について
引用
 天然及び人工放射性核種の多くは壊変するときにβ線を放出する.β線の正体は電子であり,壊変する核種によってそのエネルギーは異なる.全β放射能とは,試料から放出されるβ線をエネルギー区分なしに計数し,既知の放射能をもつ標準線源が放出するβ線の計数値と比較して得られる情報である.一般に,試料中に存在する放射性核種の種類と割合は不明であるから,全β放射能のデータから試料に含まれる放射性核種それぞれの壊変率を厳密に求めることはできない.しかし,試料に含まれる放射性核種が核実験起源と分かっていれば,核反応で生成する放射性核種の割合(核分裂収率)はよく知られている(日本アイソトープ協会,1996)ので,全β放射能のデータから放出された放射能総量,ひいては核爆発の規模をある程度推定することができる

両極間に高電圧をかけると,管内に入射したβ線で生成するイオン対が引き金になって電子雪崩が発生し,β線のエネルギーによらずほぼ一定の強さのパルス放電が生じる.したがって,一定時間内に生じたパルス数を計数することで全β放射能が測定できる(気象庁,1970).しかし,β線のエネルギーは分からないので,どのような核種から放出された放射線かを区別することはできない.

なお,1990 年代後半に気象庁,函館及び舞鶴海洋気象台に相次いでガスフロー式の測定装置が導入されたが,測定原理自体は GM 計数管と同じである

高崎観測所の粒子状放射性核種濃度
全β
Be7を除いてすべてベータ核種である。セシウムが減って自然核種に埋もれて全β測定では、もうわからない。
ガンマースペクトル測定ならはっきりとセシウムがまだそこにいたのがよくわかる。




一方,原子炉中で生成される放射性物質は,54Mn,60Co,137Cs 等ほとんどがβ線を放出する核種であり,発電所からこのような放射性物質が放出された時には,β/α比が増加するものと考えられる.
このため,β/α比は,発電所からの異常放出を早期検知するための指標として有用と考えられる

さすが新潟はいい仕事してますねえ

環境放射線等モニタリングデータ公開システム
γ線 空間放射線量率[μSv/h(マイクロシーベルト毎時)]
α濃度 空気中放射能濃度(α濃度)[Bq/m3]
β濃度 空気中放射能濃度(β濃度)[Bq/m3]
β/α比 β濃度/α濃度の比
降水 1日の降水の有無


茨城県23年度年報
引用
全α全β

福島県あるいは東電福島第一の全α全βはどこかで見たような気もして探したが見つけきれなかった。
停電で肝心なところが抜けているので、茨城県のを
20160331茨城3
(どうしても茨城と聞くと思い出してw)

事故時はα核種は平常時の10倍、ベータ核種は万倍来たようだ。

来たのはわかるがでは何が?となれば、当然にゲルマニウム半導体検出器でガンマー線スペクトル測定で
すべての核種がわかる(ガンマー線を放出してなおかつ放出率が大きければ、崩壊の時にほとんどがガンマー線を出すが、Puは0.0000なんたら%で少なすぎて濃縮Puでもなければ測定不能)

1000万倍

えらく全α全βにこだわっている人もまだいるが、被ばくは核種のもつエネルギーが細胞のDNAに与えるので、何の核種かがわからないと線量換算係数で実効線量の推定はできない。
なおかつ全α全βの測定値自体がこれほどの量が放出された時には「飽和」「数え落とし」

(東電の数え落とし、でぐぐれば出る)

少し出たのなら「原発放射能漏れ、当局は否定」とか可笑しなニュースもあろうが、これだけペタベクレルも出たら、核種単位で被曝影響を考えるべきだろう。

いまだに福島大学のバリウムランタン6000万ベクレル問題も解決しないし、横浜のストロンチウムも結局はどうだったのか?もいまだにはっきりしない。

ラジウム婆さんも元気だいや病気だの話も被曝問題ではっきりしない。


結論

「全α、全βを見ても大きく出たことはわかったが、それ以上何も語らない」



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター