FC2ブログ

イタリアの死亡者急増は「安楽死」だった












ウイルスに肺胞細胞が喰われて、肺炎となって、酸素を血液中に取り込めなくなり、死に至ることを防ぐために人工呼吸器
患者の数が多すぎて数が足らなくなったので「選別」

「選ばれ死もの」を誰にするか?

生き残る可能性の高いのは当然「若い人」ということで、一律に高齢者から切り捨てられていく、鎮静剤安楽死



若いくせに風邪で肺炎重症化となるのはよほど免疫が衰えているからだろうが、80代でも免疫がまだ強い人も中にはいるかもしれないので、平等に扱うべきだと思う。
そう現場ではしていないので、世界一の死亡数激増となっているとミタ

また、せっかく本人は恢復してきたのに隣の人がまだウイルスを肺で培養してまき散らしているとまたウイルス攻撃でなかなか治れないので、もっと離して、隔離はしない方がいいと思う。

イタリア

イタリア2

患者を集めた方が介護をしやすいのだろうが、周りが病人だらけではますますストレスがたまってより悪化すると思う。寝てるだけなら家で寝てればいいと思う。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター