宮城県海藻類あらめヨウ素131 ヨウ素治療病院下水が流れ込んでいるので判断に困る

宮城ヨウ素海藻類
宮城ヨウ素海藻類2
宮城ヨウ素海藻類3

ヨウ素131愛媛降下物5Bq/m2で海藻類1Bq/kg

これから降下物と海藻類のヨウ素濃縮レベルを調べていたが、大体全国レベルで相関関係が見えている

ただ肝心の汚染地の311事故前後のデータが抜け落ちているので、困る

宮城県がどうかと思ったら半減期的に消えてもおかしくない7月に検出されている

311事故前から検出もあるので、これはヨウ素治療に断定 女川沖口からは検出は無いので原発由来ではないだろう

東北最大仙台都市圏の下水が流れ込むので、東松島市沖の海藻類にヨウ素131が濃縮でたびたび検出される

4月頃の測定値があれば降下物との相関関係が読めるのだが、残念ながら数値が無いが、半減期減衰を計算するとできる

全国データを集めてから一気にエクセル計算でいいだろうから、ここではめんどくさいのでしていない。


結論

その1 福島事故で海藻類ヨウ素濃縮は高レベルであったが、その後もヨウ素治療原因のヨウ素131が検出されている

その2 ヨウ素治療原因もあるのは確かだが、よくみると、数値的に「自発核分裂汚染水ヨウ素131」も考えられそうなので、少し深堀の検証だろう


「自発核分裂汚染水ヨウ素131」は本当なのか?の謎の追究へと横道にそれる


追記

宮城ヨウ素海藻類4
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.ShowResult?para_PType=1&OFlag=1&Showcode=1&Showcode=8&Showcode=12&Showcode=13&Showcode=22&Showcode=62&Showcode=69&Checkcomment=0&CheckAllKoumoku=0&recordlimit=100&pageSID=161247384_B872C7A09BC3779EE12D3134DE9A263A


ヨウ素治療下水原因 ヨウ素131濃度 0.1~0.2ベクレル/kg レベルなので、その後の検出値を見ても、
「自発核分裂汚染水ヨウ素131」はわからない

ほかを当たろう

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

伊方愛媛県 ヨウ素131降下物5Bq/m2(約10日)として海藻類1Bq/kgへの濃縮の証明

伊方原子力発電所周辺環境放射線等調査関係(PDFファイル)
引用
 調査対象期間 平成23年4月~24年3月

伊方レベル

平成23年4月5~6日頃が福島プルーム西日本直撃コースピークだったのはすでに昔やったが、このときのヨウ素131降下物をいろいろどの程度かを考えるのに、

およそ5ベクレル/m2=5MBq/km2と推測する


伊方レベル2


ふと見ると、海藻類ほんだわら くろめからヨウ素131が約1Bq/kg検出されていた

採取日が4/18で測定日が4/20とか降下したヨウ素を非常によく濃縮した頃合に測定されているように考えられるので、素晴らしい

月間降下物の数値やあれやこれや色色考えるに、降下したピークは5~6日頃なので海上に1平方メートル当たり5ベクレル、

もっと拡げて1平方キロメートル当たり500万ベクレルとかも考えるが、現実には濃度の片よりもあるのだろうが、やはり海に落ちたヨウ素が海水に混じり海藻類が濃縮したものと思われる。

感覚がついていけず、想像もできないのだが、市川先生の1000万倍濃縮の話もあるので、海藻類の濃縮はすごい。

一時は、下水ヨウ素も考慮したが、まず福島ヨウ素濃縮が妥当だろう


これはすごいことではないか


降下物5ベクレル/m2で海藻類1ベクレル/kgの濃縮 ヨウ素131の場合


降下物5000ベクレル/m2で海藻類1000ベクレル/kgの濃縮 ヨウ素131の場合 こういう風になるのか?

全国のデータで相関関係を計算できる

落ちた時点から採取測定日が常に問題となるのだが、これはかなりの貴重なデータが発見できそうだ


福島海域の海藻類のデータは不十分で食からの内部被曝もいい加減な推論ばかりなので、思いついた。


「線量と被曝リスクの相関」
白血病を発症するリスクが3倍


「空間線量から甲状腺等価線量の計算」

206mSv.jpg


宿題を暖めすぎて、増える一方だが、解決を急ごう


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

みんなの本音 「みなさん臨界中性子のことは言わない」 「心配しているが測定はしていない、なぜか、知ると怖いから」








2号機核燃デブリ調査で2013年には少なかったのが、530Sv/h→650Sv/hと高くなっていると言っている

その前にいったい核燃料は通常何シーベルトあるのかが問題だが、これは使用済み燃料プールから燃料を引き上げた時に何シーベルトあるのかという問題のときにやったのだが、忘れたので調べていたら、

ハッピーが8000Svとか朝日新聞で通常運転で500Sv以上とか書いていたが、なかなかはっきりしなかったが、
よくよく資料をよく見ると、おしどりの資料に書かれていた

「原子炉停止後の燃料集合体の1体の表面線量は数万Sv/h」

おしどりも知識早くなりすぎて素人にわかりやすく伝えるということを失念しているようだから、少しオレは罵倒した










ということで、650Sv/hもあれば「再臨界可能性中性子増加」も考えられるので、東電記者会見で質問するべきだが、


誰一人聞いていない

マスコミもその他もだれもがいい加減なので、結局はやはり自分で1次生情報に当たらざるを得ない


手抜きするととんでもない情報にだまされる






燃料デブリの臨界管理技術の開発
引用
臨界監視

臨界チェルノ


中性子のことは以前からいろいろ書いているのではぶくが、いよいよ核心に迫ってきたようだ


水を吹き付けて


核燃デブリを動かしたり、水を吹き付けたりすると、チェルノブイリの実績どおりにU235の形状が変化して臨界可能性


中性子線の数の多さで、帰還できるかどうかが判断される

真実はそこにある


*デブリに問題なければ、鉛ホウ酸コンクリートの安上がりで廃炉作業はすぐに終わる



東電はずるずるしたいのが山々だろうが(笑)すぐに倒産させられるから




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

これでまた当分受信料はお預けだな NHK「人権を侵害したものではないと考えます」STAP細胞

NHK123.jpg

STAP細胞 NHK番組にBPOが再発防止を勧告
引用 2月10日 19時19分NHK

NHKが3年前に放送したSTAP細胞の問題を検証した報道番組で、理化学研究所元研究員の小保方晴子氏が人権を侵害されたと申し立てたことについて、BPO=放送倫理・番組向上機構の委員会は「名誉毀損の人権侵害が認められる」として、NHKに対し、再発防止に努めるよう勧告しました。
3年前の7月に放送されたNHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」について、理化学研究所元研究員の小保方晴子氏は人権を侵害されたとしてBPOに申し立てていました。

これについて、BPOの放送人権委員会は、10日、記者会見し、番組の一部について、「場面転換などへの配慮を欠いたという編集上の問題があり、小保方氏が元留学生作製のES細胞を不正行為により入手して混入し、STAP細胞を作製した疑惑があると受け取られる内容になっている」としたうえで、「名誉毀損の人権侵害が認められる」と指摘しました。

また、番組の放送直前に行われた小保方氏への取材について行き過ぎがあり、放送倫理上の問題があったとしました。
そのうえで、NHKに対し、再発防止に努めるよう勧告しました。

一方で9人の委員のうち2人が「人権侵害があったとまでは言えない」、「名誉毀損とするべきものではない」と、決定とは異なる意見を出しました。

決定について小保方氏は、代理人の弁護士を通じてコメントを出し、「私が受けた名誉毀損の人権侵害や放送倫理上の問題点などを正当に認定していただいたことをBPOに感謝しております。国を代表する放送機関であるNHKから人権侵害にあたる番組を放送され、このような申し立てが必要となったことは非常に残念なことでした。NHKスペシャルの放送が私の人生に及ぼした影響は一生消えるものではありません」としています。

一方、NHKは「BPOの決定を真摯(しんし)に受け止めますが、番組は関係者への取材を尽くし、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したもので、人権を侵害したものではないと考えます。今後、決定内容を精査したうえで、BPOにもNHKの見解を伝え、意見交換をしていきます。また、放送倫理上の問題を指摘された取材の方法については、再発防止を徹底していきます」としています。


BPO決定の概要(全文)

NHK(日本放送協会)は2014年7月27日、大型企画番組『NHKスペシャル』で、英科学誌ネイチャーに掲載された小保方晴子氏、若山照彦氏らによるSTAP細胞に関する論文を検証した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」を放送した。
この放送に対し小保方氏は、「ES細胞を『盗み』、それを混入させた細胞を用いて実験を行っていたと断定的なイメージの下で作られたもので、極めて大きな人権侵害があった」などと訴え、委員会に申立書を提出した。
これに対しNHKは、「『STAP細胞はあるのか』という疑問に対し、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したものであって、申立人の人権を不当に侵害するようなものではない」などと反論した。
委員会は、申立てを受けて審理し決定に至った。委員会決定の概要は以下の通りである。

STAP研究に関する事実関係をめぐっては見解の対立があるが、これについて委員会が立ち入った判断を行うことはできない。委員会の判断対象は本件放送による人権侵害及びこれらに係る放送倫理上の問題の有無であり、検討対象となる事実関係もこれらの判断に必要な範囲のものに限定される。
本件放送は、STAP細胞の正体はES細胞である可能性が高いこと、また、そのES細胞は、若山研究室の元留学生が作製し、申立人の研究室で使われる冷凍庫に保管されていたものであって、これを申立人が何らかの不正行為により入手し混入してSTAP細胞を作製した疑惑があるとする事実等を摘示するものとなっている。これについては真実性・相当性が認められず、名誉毀損の人権侵害が認められる。

こうした判断に至った主な原因は、本件放送には場面転換のわかりやすさや場面ごとの趣旨の明確化などへの配慮を欠いたという編集上の問題があったことである。そのような編集の結果、一般視聴者に対して、単なるES細胞混入疑惑の指摘を超えて、元留学生作製の細胞を申立人が何らかの不正行為により入手し、これを混入してSTAP細胞を作製した疑惑があると指摘したと受け取られる内容となってしまっている。

申立人と笹井芳樹氏との間の電子メールでのやりとりの放送によるプライバシー侵害の主張については、科学報道番組としての品位を欠く表現方法であったとは言えるが、メールの内容があいさつや論文作成上の一般的な助言に関するものにすぎず、秘匿性は高くないことなどから、プライバシーの侵害に当たるとか、放送倫理上問題があったとまでは言えない。

本件放送が放送される直前に行われたホテルのロビーでの取材については、取材を拒否する申立人を追跡し、エスカレーターの乗り口と降り口とから挟み撃ちにするようにしたなどの行為には放送倫理上の問題があった。

その他、若山氏と申立人との間での取扱いの違いが公平性を欠くのではないか、ナレーションや演出が申立人に不正があることを殊更に強調するものとなっているのではないか、未公表の実験ノートの公表は許されないのではないか等の点については、いずれも、人権侵害または放送倫理上の問題があったとまでは言えない。

本件放送の問題点の背景には、STAP研究の公表以来、若き女性研究者として注目されたのが申立人であり、不正疑惑の浮上後も、申立人が世間の注目を集めていたという点に引きずられ、科学的な真実の追求にとどまらず、申立人を不正の犯人として追及するというような姿勢があったのではないか。委員会は、NHKに対し、本決定を真摯に受け止めた上で、本決定の主旨を放送するとともに、過熱した報道がなされている事例における取材・報道のあり方について局内で検討し、再発防止に努めるよう勧告する。


NHKのコメント

本日のBPO放送人権委員会決定についてのコメントは以下のとおりです。

小保方晴子氏が平成26年1月に発表した「STAP細胞」については、同年4月に理化学研究所が研究不正を認定しました。その後、理化学研究所が、本格的な調査を進める中、「STAP細胞はあるのか」「小保方氏の研究はどうなっていたのか」という疑問に世界的な関心が集まっていました。この番組は、その最中の同年7月、社会の関心に応えようと100人を超える研究者・関係者に取材を尽くし、2000ページを超える資料を分析して客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作・放送しました。番組の中の事実関係に誤りはありません。

STAP細胞については、理化学研究所による小保方氏の検証実験でも一度も作製に成功せず、世界的な話題となったネイチャー誌の論文も取り下げられました。番組の中では、遺伝子解析の結果として、STAP細胞は実際にはES細胞だった可能性を指摘しました。また、小保方氏の研究室の冷凍庫から元留学生が作製したES細胞が見つかった事実を放送しました。番組放送後の同年12月、理化学研究所が公表した調査報告書は、小保方氏が「STAP細胞」だとした細胞は、調べた限りすべてES細胞だったことも明らかにしています。

放送人権委員会の判断の中で指摘された元留学生の作製したES細胞をめぐるシーンは、(1)小保方研究室の冷凍庫から元留学生のES細胞が見つかったという事実、(2)小保方氏側は、保存していたES細胞について、「若山研究室から譲与された」と説明しているという事実、(3)一方、ES細胞を作製した元留学生本人にインタビューしたところ、小保方研究室の冷凍庫から見つかったことに驚き、自分が渡したことはないと証言しているという事実を踏まえて、なぜこのES細胞が小保方研究室から見つかったのか、疑問に答えて欲しいとコメントしたものです。放送人権委員会が指摘しているような「小保方氏が、元留学生作製のES細胞を不正行為により入手し、STAP細胞を作製した疑惑がある」という内容にはなっていません。

他の細胞の混入を防ぐことが極めて重要な細胞研究の現場で、本当に由来がわからない細胞が混入するのを防ぐ研究環境が確保されていたのか、そこにあるはずのないES細胞がなぜあったのか、国民の高い関心が集まる中、報道機関として当事者に説明を求めたものです。このシーンの前では、小保方氏がES細胞の混入を否定し、混入が起こりえない状況を確保していたと記者会見で述べたという事実についても伝えています。
今回の決定では、この番組の中で、「小保方氏が、元留学生作製のES細胞を不正行為により入手し、STAP細胞を作製した疑惑がある」と放送したとして人権侵害を認めています。
しかし、今回の番組では、STAP細胞は、ES細胞の可能性があることと、小保方氏の冷凍庫から元留学生のES細胞が見つかった事実を放送したもので、決定が指摘するような内容は、放送しておらず、人権侵害にあたるという今回の判断とNHKの見解は異なります。
また今回の決定では、委員会のメンバーのうち、2人の委員長代行がいずれも、少数意見として、名誉毀損による人権侵害にはあたらないという見解を述べています。
今回の番組は、STAP細胞への関心が高まる中、関係者への取材を尽くし、客観的事実を積み上げ、表現にも配慮しながら、制作したもので、人権を侵害したものではないと考えます

BPOは、独立した第三者の立場から放送への苦情や放送倫理上の問題に対応し、正確な放送と放送倫理の高揚に寄与することを目的に、NHKと民放連が設立した組織であり、NHKとしてその勧告を真摯に受け止めるのは当然のことと考えます。
今後、決定内容を精査した上で、BPOにNHKの見解を伝え、意見交換をしていきます。
また、放送人権委員会が指摘した取材上の問題については、平成26年に番組が放送される前に、安全面での配慮に欠ける点があったとして小保方氏側に謝罪しましたが、今回の決定の中で改めて指摘されたことを重く受け止め、再発防止を徹底していきます。

-----------------------------------------

NHK「人権を侵害したものではないと考えます」

これでまた当分受信料はお預けだな


逆に受信料をもらおう


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

仏北部の原子力発電所で爆発、放射能汚染のリスクはなし 現場は、シェルブール港の西25キロに位置し
















フランスの原発はもう少しおしゃれかと思ったら、意外とださいな

次は、フランスだ





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター