戦争の右翼 平和の皇室 籠の池に嵌ってもがく右翼たち

愛子さま卒業作文「8月6日、その場に自分がいるよう」
引用 2017年3月22日11時04分

皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)が22日、学習院女子中等科を卒業した。卒業にあたり宮内庁は同日、記念文集用に愛子さまが書いた作文を公開した。作文の全文は次の通り。

世界の平和を願って

      敬宮 愛子

 卒業をひかえた冬の朝、急ぎ足で学校の門をくぐり、ふと空を見上げた。雲一つない澄み渡った空がそこにあった。家族に見守られ、毎日学校で学べること、友達が待っていてくれること……なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう。青い空を見て、そんなことを心の中でつぶやいた。このように私の意識が大きく変わったのは、中3の5月に修学旅行で広島を訪れてからである。

 原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった。まるで、71年前の8月6日、その日その場に自分がいるように思えた。ドーム型の鉄骨と外壁の一部だけが今も残っている原爆ドーム。写真で見たことはあったが、ここまで悲惨な状態であることに衝撃を受けた。平和記念資料館には、焼け焦げた姿で亡くなっている子供が抱えていたお弁当箱、熱線や放射能による人体への被害、後遺症など様々な展示があった。これが実際に起きたことなのか、と私は目を疑った。平常心で見ることはできなかった。そして、何よりも、原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。命が助かっても、家族を失い、支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。私には想像もつかなかった。

 最初に71年前の8月6日に自分がいるように思えたのは、被害にあった人々の苦しみ、無念さが伝わってきたからに違いない。これは、本当に原爆が落ちた場所を実際に見なければ感じることのできない貴重な体験であった。

 その2週間後、アメリカのオバマ大統領も広島を訪問され、「共に、平和を広め、核兵器のない世界を追求する勇気を持とう」と説いた。オバマ大統領は、自らの手で折った2羽の折り鶴に、その思いを込めて、平和記念資料館にそっと置いていかれたそうだ。私たちも皆で折ってつなげた千羽鶴を手向けた。私たちの千羽鶴の他、この地を訪れた多くの人々が捧げた千羽鶴、世界中から届けられた千羽鶴、沢山(たくさん)の折り鶴を見たときに、皆の思いは一つであることに改めて気づかされた。

 平和記念公園の中で、ずっと燃え続けている「平和の灯」。これには、核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けようという願いが込められている。この灯は、平和のシンボルとして様々な行事で採火されている。原爆死没者慰霊碑の前に立ったとき、平和の灯の向こうに原爆ドームが見えた。間近で見た悲惨な原爆ドームとは違って、皆の深い願いや思いがアーチの中に包まれ、原爆ドームが守られているように思われた。「平和とは何か」ということを考える原点がここにあった。

 平和を願わない人はいない。だから、私たちは度々「平和」「平和」と口に出して言う。しかし、世界の平和の実現は容易ではない。今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。では、どうやって平和を実現したらよいのだろうか。

 何気(なにげ)なく見た青い空。しかし、空が青いのは当たり前ではない。毎日不自由なく生活ができること、争いごとなく安心して暮らせることも、当たり前だと思ってはいけない。なぜなら、戦時中の人々は、それが当たり前にできなかったのだから。日常の生活の一つひとつ、他の人からの親切一つひとつに感謝し、他の人を思いやるところから「平和」は始まるのではないだろうか。

 そして、唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、自分の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要があると思う。「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。

 「平和」についてさらに考えを深めたいときには、また広島を訪れたい。きっと答えの手がかりが何か見つかるだろう。そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、広島の「平和の灯」の灯が消されることを心から願っている。


--------------------------------------

唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、自分の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要があると思う。

「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。


--------------------------------------

感動した、言葉もない!!!


*これだけの立派な平和主義者の愛子様だから、女性天皇に反対する右翼が多いのだろう


これは大拡散だ!!!


ひさしぶりの拡散、拡散、大拡散!!!


くだらん籠池事件は右翼が籠の中で池に沈められて地獄へ逝けばいいだけだ、すっきりきれいになる除染だw



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

セシウムボール地獄玉粒子 「謎の放射性粒子を追え!」 肺のベータ線被ばく

この女はさっきから「ふ~ん」「ふ~ん」ばかり言っている場合じゃない
ぷんぷん
1000万倍16


被曝影響
1000万倍17

プルトニウムの場合 長崎の死の灰
1000万倍18

ウランの場合 広島の死の灰
黒い雨の肺がんのウランの飛跡
1000万倍19

水溶性セシウムボール=地獄玉
肺でも胃腸でも生物的半減期で溶けて流れて便や尿から脱水汚泥へと
非水溶性セシウムボール=地獄玉
胃腸では転がり出て大便から便器便槽 脱水汚泥にまでいくかはわからない
肺では、とどまる

1000万倍20

水に溶けないセシウムボール地獄玉の被ばくは、約200倍水溶性に対して大きくなる
1000万倍21

セシウムボール地獄玉粒子1個の肺被曝
1000万倍22

そんなものがWBCで測れるわけないだろ 肉体の自己遮蔽で
森口さんも言わされているのだろうNHKに

1000万倍23

ベータ線による肺のベータ線熱傷かたまり
1000万倍24

人の細胞で実験
1000万倍25

出ました我らがヒーロー 待ってましたぞICRP
1000万倍26

さすがアンスケ 煮えきらん奴だ
1000万倍27


最後になってなかなかいいこと聞くじゃないか
「いまでもセシウムボールは飛んでいますか?」

1000万倍16

森口さん(「お気をつけて」 オレの意訳だが)
1000万倍28






広島長崎の臓器細胞のウランプルトニウム放射線から察するに、3/14~15の非水溶性放射性物質が肺に残っている可能性が多いに心配される

何個なのか?の推定も必要だが、乾性沈着の15日と湿性沈着の21日とで大いなる違いがあった


これは決して忘れてはいけないことだろう


*再確認の意味でも画像多量アップした7年目だ


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

セシウムボール地獄玉粒子 「謎の放射性粒子を追え!」


シリーズ原発事故13「謎の放射性粒子を追え!」 投稿者 311akatsuki




「謎の放射性粒子を追え!」
1000万倍

セシウム
1000万倍2

土からも見つかったセシウムボール=地獄玉=ホットパーティクル
1000万倍3

地面に落ちていた土から見つかったセシウムボール=地獄玉は、 大きかった
1000万倍4

非水溶性
1000万倍5

濃硝酸でも溶けない
1000万倍6

鉄を添加したガラスと一致
1000万倍7

いろいろな元素が均質に混じり合って封じ込められている
1000万倍8

いろいろな元素
1000万倍9

核燃料も含まれていたのが見つかった
1000万倍10

大気粉塵物質として外気に飛び出す
1000万倍11

重要
1000万倍12

重要2
1000万倍13


おお、奇しくも20170321本日も今日は雨だった 「春雨じゃ、濡れて参ろう」
1000万倍14


地表付近の濃度
1000万倍15



つづく

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

原発で発見 東電社員の2遺体「ずっと水の上に浮いていた」 2017/03/11黙祷および役員訓示




こら、吉田、「これは誰が殺したんですか」地震・津波対策への思い、不明の東電社員2人を遺体で発見 4号機タービン建屋地下


亡くなられた人が多く、忘れられないのも当然で、涙を流すのはいいのだが、肝心な吉田所長や若き東電社員2名のことがまったく出てこなかったのには、

腹が立つ!!!


2017/03/11(土) 福島第一原子力発電所「新事務本館」における黙祷および役員訓示
黙祷

もうこれ以上聞くのはいい 広瀬社長は吉田にも若き東電社員2名にも触れなかった 語らなかった
死んだ人は終わったこととして忘れ去られた
今、石崎とか言うのがごちゃごちゃしゃべっているが、また推進っぽい口調だ


世間から忘れられてしまったことに、また同じ仲間の東電からも見捨てられたことに、哀れで悲しい






言わされていることを慮るほどに、涙が出る😪

母親は「これまで十分すぎるほど親孝行してもらった」。東電に対しては「3年間、社会人として、技術者として育てていただいた。感謝の気持ち」と話した



最重要

「被災者2名から中央制御室に、EHCポンプ室にて漏洩を発見したとの連 絡あり」

無駄死にではなかった、震度6の地震で原発は壊れていたのだ!

若い二人が命に代えて、教えてくれていたのだった




*311追悼の先週は彼らのことが見捨てられていたことを悲しんでここに記録として残しておく

薄情な奴らが多い、まあ、それが世間と言うものだが


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

除染土、再利用実証試験へ 来る! 1キログラム当たり5千~8千ベクレル以下に設定した



引用

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で生じた土を全国の公共工事で再利用するため、環境省は4月にも除染土で盛り土を作って放射線量を測る実証試験を同県南相馬市で本格的に始める。安全性を確認した上で再利用につなげたい考えだが、再利用先の周辺住民の理解が得られるかどうかは見通せない。

 環境省は昨年6月、管理責任が明確で、長期間掘り返されることがない道路などの公共工事に限定し、放射性セシウム濃度が基準以下となった除染土を再利用する方針を決定。工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下となるよう、1キログラム当たり5千~8千ベクレル以下に設定した。

 さらに土やコンクリートで覆い工事終了後の住民の被ばく線量を年間0・01ミリシーベルト以下に抑える。

 昨年7月に避難指示が解除された同市小高区の「東部仮置き場」。柵で囲まれた広大な敷地に除染土が詰まった黒い袋が大量に積み重なっていた。その一角にある盛り土の予定地付近には重機が並び、「再生資材化プラント」では放射性物質の飛散を防ぐテントの建設作業が進んでいる。

 実証試験は、仮置き場に保管された平均値で1キログラム当たり2千ベクレル程度と推計される除染土約千立方メートルを使う。分別して品質調整した除染土を遮蔽(しゃへい)のため別の土で覆って盛り土を作る。放射線量や浸出水の放射性物質濃度を測り、風雨の影響がどの程度あるか調べる。

 「目の前の仮置き場にいつまでも黒い袋があるから、家に帰る意欲がそがれる。袋が減るなら再利用も仕方ない」。避難先から東部仮置き場近くの自宅に戻っていた男性(68)は悩ましげだ。

 福島県内の除染廃棄物の量は、最大で東京ドーム18杯分に当たる2200万立方メートルに上ると推計される。中間貯蔵施設(同県双葉町、大熊町)で保管後、県外で最終処分する予定だが、全てを処理するのは難しいため、再利用で量を減らすのが環境省の狙いだ。

 南相馬市の担当者は「大量の土を中間貯蔵施設へ輸送するだけでは、仮置き場の解消に長い年月がかかる」と説明。市は仮置き場の早期解消のため、比較的濃度の低い除染土について、市内の海岸防災林や高速道路の工事での再利用の可能性を探っている。

 ただ、再利用先の住民が放射性物質への不安から、受け入れに反発することも予想される。男性も「除染土が流出したり、飛散したりしないかが心配だ。責任を持って管理してもらわないといけない」と懸念する。

 福島県外では、住民理解のハードルがさらに上がるのは必至。これまでの環境省の有識者検討会では、専門家から「県外での再利用は簡単ではない」「技術開発を進めても、実際の再利用先がなければ意味がない」との意見も上がった。

 環境省は実証試験前に仮置き場周辺の住民への説明会を開いており、現場の見学会も開く予定。担当者は「実証試験で安全に管理する方法を検証し、住民に理解してもらえるようにしたい」と話している。【共同】

-----------------------------------

除染土、再利用実証試験へ 福島原発事故で環境省|佐賀新聞LiVE

再利用先の周辺住民の理解が得られるかどうかは見通せない
福島県外では、住民理解のハードルがさらに上がるのは必至

工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下となるよう、1キログラム当たり5千~8千ベクレル以下に設定した


事故は終わっていない 忘れた頃にやってくる

来る!?!





これはストロンチウム90やプルトニウム、アメリシウム、キュリウムも入っているだろう

濃度は測らないので不明だ

まさに不明な「貞子」がやってくる


年間1ミリを許容水準とは強烈な被ばく線量だ

過去は、年間0.001ミリ以下だったから



伊方線量


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター