初期被曝線量推定 その2 「わずか数時間で「通報基準」の7倍!100倍を超えた作業員も!」

わずか数時間で「通報基準」の7倍!100倍を超えた作業員も! 「封印された内部被曝」福島第一原発衝撃の実態
これは途中で切れるので、311初期の頃の記事がこちらに↓

その1
その2
その3
その4

以上をまとめると、

避難作業員被曝量2

地震で必要がなくなった作業員に「家に帰れ」と命令が出た。4号機にいた人やそれぞれだろうが、特に浪江の実家に帰還した作業員は原発での吸い込みもさることながら、浪江での内部被曝が大だろう。

これにより、各地の一般人と同じ被ばく線量が確定される。
測定日が4月6日とか、別の情報によると、5月半ばの測定で(測定はなく推定の外部内部被曝9ミリ)とかもあるが、
ヨウ素半減期を遡り、おおよそ倍にしたらいいとおもう。


東電内測定で最高が638ミリらしい
避難作業員被曝量



ところが低く操作されてもいた
避難作業員被曝量3


帰還政策も情報が隠蔽されていた
避難解除4


---------------------------


最後にはまとめるが、まずは韓国取材陣福島148ミリ、東京103ミリに追加で、
浪江100ミリ(減衰補正で2倍なら200ミリ)プラス外部被曝10ミリ=110ミリ~200ミリ
南相馬7ミリ(減衰補正で2倍なら15ミリ)プラス外部被曝5ミリ=12ミリ~20ミリ



まだある

確定確証はつづく

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

二動原体はウソをつかない 「3月15~17日に東京付近を取材した撮影監督を検査した結果、放射線被ばく量が103ミリシーベルトと推定された」

染色体分析が行われた事故例
引用
サンサルバドル

調べた細胞から何百もの二動原体を検出 数シーベルト


被ばく線量推定法 放医研
引用
フクイチ作業員
押して拡大

ここにフクイチの作業員の線量が出ていた。

左がガラスバッジからの全身実効線量(実効線量といえば全身が当然だが、忘れている人もいると思うのでゴフマン先生を真似)
次が調べた細胞の細胞核の染色体46本の画像数 そのうちの二動原体数 比率 推定の吸収線量(γか中性子か分からないので吸収したと思われる線量 実効線量に変換するときはまた違ってくるのだと思う ほとんどシーベルトでいいと思うが)

311当初検出限界は200mGyで末梢血リンパ球二動原体などアテにならんと叫ばれていたが、なんのことかさっぱりの素人はここでもまた騙された。

フクイチ作業員2

ガラスバッジを付けて線量管理がしっかりしていた福島原発作業員(おそらく東電社員)の線量と二動原体の数が100mシーベルトぐらいではぴったり相関している。170ミリでどんぴしゃのもある。
かなりはずれもあるが、測定器よりも二動原体の方が現実の生物効果だから信用できるのではないか。

それで放医研は熟練が顕微鏡をちまちま見るよりも機械に大量判定させようと企画している。

時間が経つと消えていくので今度は転座を調べようとしている。


転座

時間が経つと減っていく二動原体でも半減期という比例減衰が見られるので、逆算ができるともなっているが、これは世界のIAEAゴールドスタンダードと叫ばれている。


浪江染色体検査は転座の検査のようだったが、2~3個出たのが何だったのか情報がないのでわからない。


震災取材のKBS撮影監督ら、被ばく許容限度超える

3月15~17日に東京付近を取材した撮影監督を検査した結果、放射線被ばく量が103ミリシーベルト
1000個の細胞のうち、5個の細胞に異常

3月12~15日に福島付近で取材した別の撮影監督が放射線被ばく(148ミリシーベルト)
1000個の細胞のうち、7個の細胞が損傷

木下ブログ
0.148Gy(グレーの誤差範囲は0.027~0.322)


1個で26ミリシーベルトに上の表から計算される。


福島県立医科大
医療被ばく(CT 検査)による生体影響に関する発見
引用

1. 1 回の CT 検査 (5.78 mSv~60.27 mSv) によって染色体異常が誘発されている可能性が示唆された

2. 100 mSv 未満の放射線被ばくにおいても二動原体染色体解析による線量評価が可能なことを示した。特に従来のギムザ染色による手法に比べ FISH 法で効率的な解析が可能であることが示めされた


---------------------------------------------

決まった、完璧!!!


ほぼ初期被曝の推定ができた、感無量だ。


まだある。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

DNA二重らせん構造が先で、染色体数が後だった不思議

科学者一般の思考法  

 いくつかの例外はあるものの、一般的に科学者はその時代の手法や技術の枠に沿った考え方をすると言えるだろう。科学者たちが別の考え方をしたがらないのは、実験で確認できないことを考えるのは、時間のむだになるとかんがえるからである。手段がなければ実験はできないのであるから、その考え方にも一理ある。だが、現在利用できる技術の枠にとらわれないような思考により、しばしば新しい技術開発の突破口が生まれるのである。
 人間細胞の染色体数を数える技術でさえ、1956年にやっと実用化されたのであり、感慨深いことである。この技術の実用化後わずか3年で、劣性遺伝病全体の頻度や優性遺伝病の10分の1の頻度に匹敵するダウン症候群の原因が、余分な染色体にあることが明らかにされた。
 現在、科学者は小さな欠失の重要性を全く無視している。このような欠失で数10個から数100個の遺伝子が失われるとしても、ほとんど注意されていない。なぜだろうか。小さい欠失を定量的に研究する技術が開発されていないからである。1950年代初期、すでに十分に開発されていたX線回析の技術を用いて、ワトソンとクリックが人間の遺伝子について優れた研究を行ったとき、遺伝学の分野は、遺伝子の担い手である染色体の数さえも調べられないという奇妙な状況にあったことを、科学者は考えてみるべきである。 

        ジョン・W・ゴフマン 著
                「人間と放射線」より  
    
--------------------------
トドに感謝(笑)
--------------------------

最後の文がこのX線解析でワトソンクリック まだ人間細胞の染色体数がはっきりしないときに(46本か48本かとか)と
ゴフマン先生が書いていたので、印象に残っていた。
SF陰謀米国ドラマで「DNAの秘密は宇宙人から」Xファイルだったか?(笑い)

ということで調べた。

20130128_2462481.jpg

ユダヤ人の超優秀な彼女がDNA結晶のX線解析をしていて、AとBのうちBのエックス線写真を撮っていたが、完全主義なのでAを解析しているさなかに、上司が勝手にワトソンに写真のコピーを渡してそれでワトソンとクリックと上司がノーベル賞を取ったというお話

ちなみに彼らがノーベル賞受賞前に、彼女はX線を浴びすぎて卵巣がんで早死という悲劇



















賢さがただよう😪








----------------------------------

レーガン乗員の被ばく線量推定をしているのだが、今度こそはブログ記事は格調高いまじめな文章にしようと今朝こそ思ったのに、ついまたふざけて崩れていって残念だ。

韓国取材陣が帰国後染色体検査で148ミリシーベルト 東京取材103ミリ
4号機からすぐに逃げた作業員が後日また働く前のWBC検査で100ミリだったとかから
レーガン被曝推定1000ミリはありうるという推定計算

染色体 二動原体環状体数被曝量推定
WBC CPM単位ベクレルシーベルト変換
3号機ほかベントプルーム突入時のWSPEEDI推定線量からのレーガン外部内部被曝
(裁判で出るはずだが、出ない場合もあるやもしれず)

細胞核染色体決定領域の研究からWBC測定研究から大気プルームと海水汚染レーガン脱塩水トリチウム濃度ほか推定値


研究は尽きずに肩ばかり凝る秋雨の夕べだった




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

逆に勉強になる 放射線ホルミシスの愉快な仲間たち(笑い)



放射線の真実 服部禎男先生の講演

錚々たる「放射能は健康にいい」軍団のお歴々登場 その秘話を電中研 服部禎男が紹介
あのゴフマン先生がやめさせられたカリフォルニアバークレーの後釜の大御所たちの壮大なホルミシス神話の創造
ついには許容基準値は1シーベルトまでも健康にいい 若さも甦る放射線被曝と年寄りの妄想話
大物とか世界的権威とか全然知らないんだが、話が壮大

勉強になるからすべて見たらいいと思うが

結局その後 資金提供の土台 電中研も白旗の降参でバカどもから距離を置く


放射線ホルミシス効果に関する見解2014年6月13日 電力中央研究所 原子力技術研究所 放射線安全研究センター
引用
・現在、当センターでは、放射線ホルミシスの研究は行っておりません。

・これまでに得られた知見からは、ホルミシス効果を低線量放射線の影響として一般化し、放射線リスクの評価に取り入れることは難しいと考えています。

・当所の成果を引用して放射線ホルミシス効果を謳った商品の販売を行っている例がありますが、当所とは一切関係ありませんのでご注意下さい。


 当センターでは、1990年代から2000年代前半にかけて、放射線ホルミシス効果の検証を目的とした研究を実施し、ある条件下での動物実験では、低線量の放射線によって様々なホルミシス様の効果が誘起されることを明らかにしました。しかし、現在は、主に以下の2つの理由からホルミシス効果を低線量放射線の影響として一般化し、放射線リスクの評価に取り入れることは難しいと考えています。

 第一に、ホルミシス効果の検証実験の多くは、健康状態にない動物(生まれつき病気になりやすい動物や、がんを移植した動物など)を対象としていることです。もともと低線量の放射線の影響は非常に検出が難しいため、応答を観察しやすくするためにこのような特殊な実験系が使われます。このような実験で得られた結果から、健康な人間に対する影響を推定することは適切ではないと考えております。

 第二に、ホルミシス効果の検証実験では、観察している指標が限定されています。例えば、活性酸素病に関する研究では活性酸素に関する指標は調べられていますが、その他生涯のがん発生率や寿命の変化など、一般の放射線影響として問題とされる指標については調べられていない場合がほとんどです。放射線の影響は多面的ですので、一面的なデータだけで判断してはならないと考えます。

 現在、当センターのWebページに掲載している放射線ホルミシス効果に関する過去の研究成果については、上記をご理解頂きました上で閲覧して下さい。

 なお、当センターは、低線量放射線のホルミシス効果を一般公衆の放射線リスク評価に応用することは難しいと考えておりますが、医療分野等への応用について一切を否定するものではありません。ただし、当所の成果を引用して放射線ホルミシス効果を謳った商品の販売を行っている例等につきましては、当所とは一切関係ありませんのでご注意下さい(当所が特定商品の営業活動に協力することはありません)。

---------------------

第一に、ホルミシス効果の検証実験の多くは、健康状態にない動物(生まれつき病気になりやすい動物や、がんを移植した動物など)を対象としていることです

第二に、ホルミシス効果の検証実験では、観察している指標が限定されています。例えば、活性酸素病に関する研究では活性酸素に関する指標は調べられていますが、その他生涯のがん発生率や寿命の変化など、一般の放射線影響として問題とされる指標については調べられていない場合がほとんどです。放射線の影響は多面的ですので、一面的なデータだけで判断してはならないと考えます


ゴフマン先生「細胞の決定領域が線量に比例して傷つく、(放射線は健康にいいというのも迷信だが)」

さすがにお上品だからオレのように罵倒した書き方はしていない(笑い)


「伊藤孝司『台湾への原発輸出』(風媒社)より

<一九八四年三月、台北市内の高級アパート「民生マンション」の二階へ歯科医院が入居する際、レントゲン設備の安全点検がおこなわれた。レントゲン装置のスイッチが入っていないのにもかかわらず、放射線測定器のアラームが鳴ったのである。
歯科医院では一三〇マイクロシーベルト、隣の音響会社では二八〇マイクロシーベルトにも達した。>

<「台湾で最初に稼動した第一原発から、放射能に汚染された六〇四・一五トンのパイプなどのクズ鉄が『欣栄鋼鉄』に売られました。それが約七〇〇〇トンの鉄骨などに加工されて販売されたのです」>


















うちは木造隙間風造りだからガイガーも検知しない🙂



お~と書き忘れ 動画の中で東北大学の医者がガン手術の前に、1日おきに100ミリシーベルト15回喰らわしてみたら、
5年生存率が84%、何もしないと50%だったと
さすがの服部もいまなら逮捕ものだが「臨床医の免許はすばらしい」だと感心していたお笑い話が出てくる

恐らく10年生存率にしたらお陀仏だと思う

いい加減な医者が多かった昔だった

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

台湾で発生した謎の甲状腺ガン

民生アパート8

民生アパート3

民生アパート4

民生アパート6

民生アパート5


---------------------------















若いwww

民生アパート7

コバルト60が溶解した鉄筋からガンマー線外部被曝による甲状腺ガン発症の事例
染色体異常細胞の計数から被ばく線量推定 最大約600mシーベルト

この当たりの被曝量計算が論文も出ているはずだが、なかなか見つけられなかった。

電中研のお笑いホルミシス軍団のはどうもまゆつばwww

コバルト60が鉄筋に混入したアパート住民の健康影響調査
引用
2004年3月21日から25日に行われた第14回環太平洋国際会議(PBNC)で、台湾の研究者から、誤ってコバルト60が混入した鉄筋を使って建てられたアパートの住民に対する健康影響調査の結果が報告されました。

約20年前(1982~1984年)、廃棄されたコバルト60線源が偶然リサイクル鉄鋼に混入し、それが、台北市とその近郊のアパートを含む約1700の建物の鉄筋に使われてしまいました。およそ1万人の人々が、これらの建物に9~20年間居住し、平均約400mSvの放射線を被曝しました。

調査結果によると、アパートの居住者のがん死亡率は、台湾の一般公衆の3パーセントにまで大幅に低下しました(図1)。 また、先天性奇形の発生率も、一般人の発生率のおよそ7パーセントに減少しました。

この発表は、同会議において大いに議論を呼び、米国エネルギー省(DOE)の仲介でカナダの疫学調査の専門家が研究に加わり、さらに詳しい調査が行われることになりました。

民生アパート



これからネット上をにぎわすネトウヨばかどもホルミシス軍団の、

「放射能は健康にいい」の科学的医学的真実   なんだとさwww

テレビでやっているというのに、この間抜けさwww


その後 電中研 白血病で有意だと

引用
その後2008年に台湾国立陽明大学による詳細な調査の結果が公表されました。
まず、一人ひとりの行動パターンから個人線量を求めた結果、平均の被ばく量は約48mGyでした(中央値6.3mGy、最大2,363mGy)。

被ばく量がわかった6,242人の中から、128人が追跡期間(1983~2005年)中にがんと診断されました(台湾の国家がん登録で確認)。性別や年齢を考慮に入れてその放射線による影響を調査した結果、全てのがんの発症についてのリスクの上昇は観察されませんでしたが、以前の報告にあったような減少の傾向も観察されませんでした。さらに個々のがんを詳しく見たところ、白血病で100mGyあたり約1.2倍の有意なリスクの増加が観察されました。女性の乳がんでも有意ではありませんでしたが、100mGyあたり約1.1倍の増加傾向が観察されました。甲状腺がんの増加は観察されませんでした。

現段階ではまだ集団が若く(調査終了時点で平均36±18歳)、がんの症例数が少ないためはっきりした結果は得られていませんが、調査は現在も継続されていることから、今後、低線量・低線量率の放射線影響についての情報源となることが期待されます。(最終更新日:2011年6月8日)
民生アパート2


(最終更新日:2011年6月8日)

福島事故が起こってのあわてぶりwww 哀れすぎるwww



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター